2008年12月07日

サメット島記〜PART3(まだ初日です)

5:30起床で出発したサメット島旅行。

まぁ、当然道中はほとんど居眠りだったわけですが。

無事、何事もなく、サメット島に到着し、

3泊4日の棲家も決まり、


ってのが、前回PART2まで。


で、

今日のところは、部屋でのんびりしてよっかと、

ついさきほどまで言っていたカーニバルっ子なのでしたが、



2人して、山育ちの私とカーニバルっ子。


でも、私は、海まで徒歩2〜3分ってところに、

数年住んでいたことがあるのですが、

カーニバルっ子は、

海を見て興奮したのか、

持ってきた荷物を開いて、

オンヌットの部屋と、

サメット島のこの部屋を、

ほぼ同じ状態にしたあとすぐに、


カ「パイ レン ナーム!!」
 (海行こ、海!!)


山の天気と秋の空は変わりやすいらしいですが、

そこに「タイ女の気持ち」も付け加えておきましょう。


水着に着替えて、ビーチに。。。


時間も時間(午後2時過ぎ)だったため、

あいてるパラソルを探すのも至難の業でしたが、

なんとか発見。

1人1日50Bだったか、100Bだったか。。。


samet30.JPG


視界に入ってくるのは、

ほとんどファラン。

たまにトップレスの粋なファラン女性もいますが、

GOGOの中でのトップレスは淫靡に写りますが、

ビーチのトップレスは何処か健康的。

まぁ、そんなファランの休日の過ごし方を眺めながら、

白い砂と青い空、

まぁ1日目はそんなに真っ青な空ではありませんでしたが、

と目の前に広がる海を見つめて、

デッキチェアに寝そべる。。。


samet31.JPG


samet35.JPG


静かに波の音だけ聞こえていれば十分なのですが、

ひっきりなしに物売りが行き交いしている。

まぁ、でも、買え買えとしつこくはないので、

気分もささくれ立ってはこない。

カーニバルっ子に布?パレオのでかいやつ?を買ってやり、

自分はのども渇いていたので、

椰子の実ジュース。

日本は横浜中華街で初めてこれ飲んだときは、

二度と飲むか!こんなもの!!と思っていたのですが、

実は、結構いける。

ジュースでなくて、

実の内側の果実(白いやつ)が。

スプーンでこそぎとって食べるのですが、

ほんのりした甘さが癖になる。

samet32.JPG

samet33.JPG


サングラスかけてやったら、

なかなかかわいらしいwww


・・・まだまだとどまることを知らない。


samet34.JPG

タム マムアン=ソムタムの青マンゴーバージョン。

めっちゃすっぱくて、

めっちゃ辛い。。。

カーニバルっ子と、スースー、ヒーヒー言いながらつまむ。



・・・たぶん、こういう過ごし方がいいんでしょうね。

特に何するでもなく、

気持ちいい空気のもとで、

寝そべって、何かつまみながら、

ただただ時間が過ぎていく。

なんだか、とっても贅沢をしている気分になってきます。



そんなわけで、

タム マムアン+1皿、

あまりに辛かったので、甘いものということで、

ロティ3皿(!!



つまみながら、海に入ったり、

疲れたら、また寝そべって目の前のものをつまむ。。。


samet36.JPG

そんなこんなで、日も徐々に傾いてきます。

浜辺は、パラソルが徐々にはずされ、

それぞれのレストランがビーチにござを敷き、

夜営業の準備に。

samet37.JPG

食材なども海から運ばれてきます。

遊んでたファランが、

旅の思いで作りでお手伝い。

そんな様子を眺めていると、

日はどんどん暮れていきます。





samet38.JPG

samet39.JPG






にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


> hatahataさま

>こんばんわ 以前仕事でタイに行けそうって・・・でも他の人が行く事になり・・・とコメントしましたよね?
その友人から先日電話があり「かえれないー」って
空港閉鎖で・・・ ある意味羨ましい・・・
本人にしてみると、一週間の予定が、倍以上になり
大変そうですが・・・(笑)僕なら喜んじゃうけど!


私の知り合いでも1人、たいそう喜んでいた者がいました(笑

ちょっと前に、泣く泣く帰って行きましたが。。。


> ヌンソンさま

>料金所とはもともとはなんの料金所なんですか?
サメット島の入場料みたいなものなんですか??


国立公園の入場料ですね。
道の左側に管理事務所みたいなとこがあって、
ソンテウでくるとほぼ確実にそこで徴収されます。

徒歩で、「もう払ったも〜ん」と余裕で通り過ぎれば、
大丈夫だと思います(笑

少なくとも、私はそれで2回支払わずに大丈夫でした。


> 高田さま

> 日本人の女の子2人組が、
> 韓国人の若いものにナンパされてましたね。

> しかも、ついて行ってましたね〜www

あははは。
まあ、日本人の女の子も外国人と楽しくやる権利はありますよね〜。笑

交渉の会話とか、細かい話まであって大変参考になります。

タイ語の教科書と比較しながら読ませていただいています(本当)


え?タイ語の教科書とか持ってらしたのですか?(笑

まぁ、ほかにも日本人女子+タイ人男子なカップルが何組か、

ファラン男子+タイ人男子なカップルが何組か・・・

あっ、最後のはどっちでもいいですね(笑


> TMさま

>3枚目と4枚目の海の写真、いいですね。4枚目の木についている「☆」を見て、夜にショーをやっていたのを思い出しました。スローな感じがいいですね・・・


いや〜、ほんとスローでしたね〜。

太陽の照り具合で、
やっと時間が過ぎていることがわかる感じでしたから。

ここまでで、まだ1日目の夕方まで。。

ショーはやっているのは知っていたのですが、
見ずに帰ってきちゃいましたね。


> Sachiさま

>青い海、白い砂浜、ゆったり流れる時間。
最高ですねー!
私もどこかへ飛び立ちたい・・・

というか、昨日本気でエラい事が発生したので、できれば当分の間海外逃亡を図りたいです。。
命の危険が・・・
しばらくかくまってもらえますか??(笑)


OK、ボス!!

必要とあらば隠れ家の1つや2つ、ご用意させていただきます。

ついでにヒットマンを1人2人ご用意いたしましょうか?(笑


> ラムヤイさま

>初コメントさせていただきます。

サメット島、僕も大好きで何度か行きました。
徒歩でのゲート追加、エアコン使わないからの交渉、とても参考になりました。www

写真、楽しみにしてま〜す!!


このたびはランキングご登録いただきどうもです!!

コメントまでいただいて恐縮です(汗


ゲートはいっくらでもすり抜ける道があるように思うのですがね(笑

値引き交渉もたまたま運がよかったのもあると思いますよ。

ちょっとお客少なかったし。

またいらしてください!!


> 高田さま

>追記です。
SAIKAEW VILLA、うちの嫁も昔行ったらしいです。

たぶん、お客さんにもらった金で、タイ人彼氏と... 笑


タイ人カップルは週末に結構みましたね。

ちょっと小金持ちっぽい男子と女子カップル。

ファランに連れてこられた女子は、

たくさんみました(笑


> talokさま

>はじめましてtalokと申します。
先日は私のつたないブログにご訪問頂き、しかもランキング登録のお誘いまで本当にありがとうございます。
若輩な私には光栄の限りです。
ぜひランキングに参加させていただきます。
今後ともよろしくお願いします。
取り急ぎ御礼まで。


いえいえ、こちらこそご登録いただきまして
まことにありがとうございます!!

ぜひぜひ、ご一緒にタイブログを盛り上げていきましょう!!







にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新井広大 at 18:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
海辺の食事って、ハエが結構すごいことが多いのですが、
コ・サメットはどうですか?

写真では写ってないので、興味がわきました。

> タイ人カップルは週末に結構みましたね。
> ちょっと小金持ちっぽい男子と女子カップル。

うちの美佳みたいに、
お水女と、ヒモタイ人の組み合わせはやはり珍しいですか?
Posted by 高田 at 2008年12月08日 00:30
こんばんは。「プーケットの空は今日も蒼色」の管理人、さとりです。
リンクの件、了解いたしました。
しかし、アメーバー以外のリンクの張り方がよくわかりません。
お手数ですが、新井様のところでリンクをお願いできれば幸いです。

写真、綺麗ですね。

では、また。
Posted by さとり at 2008年12月08日 01:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。