2009年05月28日

一人寝は寂しいのか、毎晩仕事後、KISSっ子が訪ねてきてくれています。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ


5月27日AM2:30


き「ヤン マイ ノーン ろ?」
 (まだ寝てないの?)


いつもの明るい飛び跳ねていきそうなKISSっ子の声。

この弾け具合がなんとも好きなんです。

いたずらっ子なところとか。

で、


き「キン ポンラマーイ マイ?」
 (フルーツいかが?)


わ「ヤーク キン な〜」
 (いいね〜)


き「ジャ スー ハイ!」
 (じゃあ、買ってあげる!)


・・・ってことは、、、




20分後、


き「トゥン れ〜お!!」
 (ついたよ〜!!)


はいっ、連荘。

まぁ、部屋に帰っても同居の姉貴分は、

ファランに10日間ペイバーされ、

プーケットだかどこかに。


お姉さん、ありがとう!!

というべきか。。。


き「ユー コンディアオ ンガオ の。」
 (一人でいると寂しいよね。)


いつも、電話で私が言ってたこと、

わかってくれましたか。。。



買ってきてくれた未熟なマンゴーと

ファランを食べながら、

ゴロンと横になり、TV鑑賞。。。

その私の目の前に体を寄せるようにKISSっ子が寝転がる。

の字型フォーメーション。

で、本日のKISSっ子は、

元気ありあまってるバージョン。

次々と私の乳首やら息子をつねってくるw

でケタケタ笑ってるw


まぁ、このぐらいのほうが、

KISSっ子らしくっていいんですけどね。

4:30ぐらいになって、

そろそろ寝る準備で電気を消しましたが、

それからは、よくしゃべるしゃべる。。。

KISSっ子の家族周りのことでしたが。

お母さんのお姉さんの娘が、

ソンクラーン前まで一緒に働いていた子。

へ!?、いとこだったん?

お母さんは7人兄弟で、

妹の1人はサムットプラカーンにいて、

もう1人の妹は、5年ぐらい行方知れずで、、、


ところで、今日、お店で女の子同士の喧嘩があったんだよ〜

・・・

間をおかずに次々としゃべってくるので、

聞き取れないところが多々。。。

・・・

そんな、いつもとちょっと違ったトーンで

(いつの間にかとても優しいトーンで話してたんです。。。)

矢継ぎ早に話してくるKISSっ子が

なぜだか不意に愛おしくなり、

ぎゅっと抱きしめてみる。

にっこり微笑みながら、


き「ペン アライ ろ〜?」
 (どしたの〜?)


と言って、抱きしめ返してくる。



今の仕事辞めさせて、一緒に暮らすのがいいのか、

仕事続けながら、こうやって通ってきてくれるのがいいのか、

正直よくわからない。

KISSっ子が選択してくれればいい。

こうするしかないっていう人生ではなく、

選択できる状況をあげることができたら、

私的には非常にうれしい。

それが人にとっての幸せなことだと思うので。


このままGOGOで働いてもいいし、

(ただしペイバーはなしw)

GOGOを辞めてもいいし、

田舎に戻って高校に通ってもいいし、

(でも勉強はあまり好きじゃないって言ってたなw)

バンコクで別のこと勉強してもいいし、

(語学なり技術なり、、、)


・・・まぁ、面倒くさがり屋なんですがw


まぁ、でも、

ウエイトレスやってたときと、

ダンサーやってる今とでは、

表情全然違うんですよね。

踊って、お客さんとおしゃべりして、

コーラご馳走になって、、、ってのは、

KISSっ子的には楽しい仕事なのかもしれない。

そこまでの仕事だったら、

私も安心して見てられるし。



そんな

KISSっ子が笑っていられる状況をつくるためなら、

私は喜んでKISSっ子に援助します。




でも、難しいですね、

この「援助」って。。。



てなわけで、次回エントリーは、

タイ人女性に対する「援助」について、

私の思うところを書けたらなんて思っております。



あくまで、個人的な「援助」観です。


・・・でも、

今まで色々痛い目見てきた者の見方なので、

参考になる(ところも多少ある?)かもしれませんよ(笑。。。


※コーラの代わりの秘密兵器ですw
写真クリックで拡大


にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
posted by 新井広大 at 03:13 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
新井さんからの「仕事を辞めて一緒に暮らそう」という
一言を待ってるかもしれませんよ。
好きで55で働く人ってあんまりいないのでは??
男にBPされたらいつ襲われてもおかしくないですもんね。女性は気持ちは強いかもしれませんが体の力は男には勝てません
Posted by ヌンソン at 2009年05月28日 06:43
>ヌンソンさま

うちのKISSっ子は、結構マジパンチ、マジキックしますが、、、マジ痛いですw

でも、そもそも、男と1on1の状況をあまり作りませんね。店の外では。

ペイバーされて、飯とかディスコってときも、
必ず姉貴分が1人ないし2人ないし多数います。

前半部分の仕事辞めてもいいよ、は既に言ってあるし、それで実際辞めるか辞めないかはKISSっ子が決めればいいし、、、てか自分で決めて欲しいし、後半の一緒に暮らそうも、それに近いことは既に伝えてあります、実は。

自分は一緒に暮らせたらめっちゃうれしいけど、どうするかはKISSっ子が決めな。一緒に住んでもいいし、今のままでもいいし、田舎に戻ってもいいし。。。

みたいな。。。
Posted by 新井広大 at 2009年05月28日 16:22
広大さんお久しぶりです。(とはいっても、コメントしてないだけで、毎回読ませてもらってますが・・・)
またまた、新たな展開になっておりコメントせずにはいられなくなりました。(笑)

以前の女の子たちに対する援助と最近の子への援助は違うのではないでしょうか?悲しみや、寂しさ、喜び感もR2のUやコージーMay時代とは違うんじゃないですか?
何か、広大さんの援助感も変わってきているのかなって勝手に考えております。

勝手なコメントでした・・・・555

私自身、昔と今は・・・どこか違っています。
簡単に言うと、気持ちの入っていない援助と気持ちの入っている援助。単なる感情移入じゃないか。。。だめ日本人かと思われるかもしれないが、見返りを求めない援助に変わっております。
Posted by わん at 2009年05月28日 17:34
はじめまして。
いつも、楽しく読ませて頂いてます。

広大さんの「援助」観がどのようなものか期待しています。

私の付き合いだして一ヶ月の彼女もタイ人でやはりお金を持っていません。

外人向けのお店で働いていますが、月給5000B程と言ってました。
女の子3人でルームシェアして一人頭1500〜1800B払い、一日あたり50Bの交通費を払い、田舎の親に残りを仕送りしている…なんて話をされると、身がつまされます。

ですから、一緒の食事や遊びは僕がすべて払います。
(お小遣い的には渡した事はありません)

単純にお金を渡すのは簡単ですが、彼女のためにならないと思うし、私自身も彼女を買うみたいで嫌なんですよね。でも遊び相手が日本人だから、お金を期待している部分は少なからずあるのかな。。。とも思います。
そうでなかったら、身の上話はしないでしょうしね。

お金って難しいです。

長文すいませんでした。
Posted by こうじ at 2009年05月28日 17:44
こんちくわ hatahataです
援助・・・コンタイのお金に関する感覚と、コンイープンのお金に関する感覚はけして小さくない溝があるのではないかと思います
こうじさんのようにその娘に対しての思いやりが有っても、現実今どうするの?って言われると・・・遠く日本で離れていると・・・
すぐにどうする事も出来なくて
なまじ簡単にお金を稼ぐ方法を知っているだけに
心配です。
本当にタイに移住しようか?と真剣に考え始めています


広大さんの援助感、楽しみにしています
Posted by hatahata at 2009年05月28日 21:44
あっ そうそう会社のセキュリテイが強化されて ブログなどの閲覧が出来なくなりました!
そんな締め付けを受け、しかも年収ダウン!
もーイヤ!(笑)
Posted by hatahata at 2009年05月28日 21:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。