2009年09月11日

夏のタイ国内旅行〜ブリラム旅行記パート4!!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ




・・・で、間の小道をずーーーっと入っていったところが、

KISSっ子のおうち・・・。



・・・ほっ!?


おぉ、これどっかでみたことありますっ!!


・・・


・・・高床式倉庫?



実物は、、、
2009091001.jpg

奥〜に、見えるか見えないかわからない建物がそうです;;;

ちなみに、

2009091002.jpg

入り口にあったいとこの家。

う〜ん、今見返すと、

大きさこそおばさん家よりでかいが、

作りはおばさん家のほうが立派だw



・・・でKISSっ子邸。。。

ほんとちっちゃい;;;

入り口入ると、

KISSっ子が買ったという29インチのでっかいテレビ。

四畳半ぐらいのスペースにwww

いや〜、不釣合いw

29インチのサムソンのテレビが、

近未来の猫型ロボットが出す、

スーパーガジェットに見えますwww

その奥に、これは兄が買ったとかいう大型冷蔵庫。

で、その居間(約四畳半スペース)のとなりに、

夫婦の寝所(約2畳)と子どもの寝所(約2畳)

以上。。。


まぁ、飯食ったりは、

軒先のオープンエアな木陰のようなところがありますし、

ていうか、ほとんどみんな外で過ごしてるしw

KISSっ子も、ほとんど家では寝ずに、

いとこの家で寝てるっていってるし。

まぁ、寝るための、雨風しのげる高床式倉庫

(防げているかは一応微妙なんですがw)

女の子が中卒とか高校中退とかで、

バンコクの繁華街で働く背景が垣間見えました。



ちなみに、KISSっ子は5人兄弟。

上に2人の兄(バンコクで働いてます)

下に2人の弟(高床式倉庫在住)

ちなみに上の弟は中卒ニートw

っていうか家の畑仕事ですな。

下の弟は小学校6年生。

あとはお父さん、お母さん、

同じ敷地に、いとこ一家、

おじさん、おばさん、同い年のいとこ。

して、近所に住んでいるおばあちゃんも来たw


ひとまず、一人一人KISSっ子に紹介され、

ワイしてご挨拶。。。


一通りご挨拶が済んだところで、、、



再び儀式w


ほとんどおばさん家でやったのと同じような感じ。


儀式が終わると、

いつの間に!酒盛りがスタートw

40度のラオカオをガンガンに勧められる。

勧められたら断れない新井広大w

ショットグラスみたいなので、

カッ、カッ、カッっと立て続けにいかせてもらいました。

飲むたびに、「お〜〜〜っw」という歓声。

お返しにと、手土産で持ってきた梅酒を振舞い酒。

最初こそ恐る恐る口にしていたが、

飲めることがわかると、

ひょいひょいとグラスが空き、我も我もと、

速攻終了w

気に入っていただけたようで。



日もだいぶ傾きかけてきた頃、


き「さっ、帰るよ!」





おぉ〜、おばさん家で寝るんでした。

ていうか、一気に飲んだラオカオが

だいぶまわり始めてきてますが>私。


KISSっ子がモタサイ運転するようです。


では、また明日!

ということで、

2人でモタサイにまたがり、

暗くなりはじめた未舗装道路をひた走り、


再びおばさん家。。。


時間は7時ぐらいでしょうか?


おばさん家ではもう食事も終わり、

自室で一家団欒。

我々は、

玄関脇のスペースに毛布を引き、

ふとんかぶって・・・、



ってもうお休みタイム?



こんな早く寝れるかっ!!


・・・って思っているうちに、

もう寝てましたzzz





つづく。



祝!お台場ガンダム、タイ上陸!!


上半身だけ?みたいですが。。。

ジオング?




いや〜とりあえず、楽しみが増えましたw





にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
posted by 新井広大 at 00:39 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
プファ- 只今日本AM11時半 月曜日の分の仕事を済ませ、これからランチ→NRTです。今回の訪泰は短いので、かなりばたばたすると思いますが・・・・
次回は広大さんのように、ウルルン的列車の旅 チェンマイ編
TV3のサラユー似のhatahataがリーソーの家族に出遭ったー 
の巻きをしたいと思います
あっ 今日遅-くに携帯してもいいですか?
Posted by hatahata at 2009年09月12日 11:40
プリラム旅行記わくわくしながら拝読せて頂いてます。
しかしあの”高床式倉庫”みごとですね〜。小学校の時に教科書で見た弥生時代のそれと全く同じです。支柱のネズミ返しや入口の梯子は教科書そのものでした。
確かにあれじゃぁプーインは皆バンコクへ働きに来るはずですね〜。
Posted by ヒロポン大王 at 2009年09月12日 17:21
>hatahataさま

マイペンライデース!!


>ヒロポン大王さま

いや・・・あの高床式倉庫そのものの写真はWikiから引っ張ってきたものです(汗

・・・まぁ、でもねずみ返しまでは確認しませんでしたが、イメージは高床式倉庫そのものです。。。
Posted by 新井広大 at 2009年09月12日 18:04
ははは(汗・・私めの早とちりで....そうでしょうね〜
いくらタイの田舎と云っても弥生時代は無いですよね。
全くお恥ずかしい。 返信有難うございます。
Posted by ヒロポン大王 at 2009年09月13日 23:53
バンコクにイサーン人が多いですが、出稼ぎで帰らず過疎化するのでしょうね〜

食料自給率200%も将来は危ういのかもですね。
Posted by いわぞ at 2009年09月14日 02:00
>ヒロポン大王さま

いや、弥生式どころか、
北の山奥の山岳民族の村では、
竪穴式住居見てきましたから、
早とちりとはいっても、あたらずも遠からずといったところでw

あれは本当に縄文式のような感じでした(汗


>いわぞさま

そうですね。子どもとおじちゃんおばちゃんの割合が異様に高かったですから。

イサーンの農作業従事者がいなくなったら、
自給率もがたおちでしょうね。

そのうちタイの米も急騰するかもですね。

その前に、バンコクが水没するかもですがw

・・・本気で水没を心配してた子がいました。。。


Posted by 新井広大 at 2009年09月14日 02:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127768824
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。