2008年01月04日

大晦日、カウントダウン!







今から始める副業生活!



12月31日、大晦日。

日本にいたときは、
レコ大見て、紅白見てと、
コテコテの大晦日をコタツに入ってみかん食べながら
過ごしたものだが、
昨年、今年と連続で国外大晦日。
NHKが入るようなアパートに住んでいるわけでも、
こたつが必要な陽気でもない、
おまけにみかんにはことごとく種が入ってると来たら、
当然外出して、巷の喧騒に身を任せるにかぎる。

で、今年は事前の予定では、
Jaとそのお友達とでお友達のバースデイを祝うべく
遊びに出かける予定だったが、
そこは、タイのタイ人。
予定なんてあってなきようなもの。

キットワー(I think)=多分、

って言葉も、多分〜ない、って意味のほうが近い。

キットワー ポム ラック クン
(多分ぼくは君を愛してる)

なんて日本的な婉曲的な表現を使っても、
まず通じない。本気だと思われない。

そんな大晦日は、まずは、Jaの電話から始まる。

J「トンニー キンカオユー ガップ メー」
 (今お母さんとご飯食べてるの)

J「ジューカン 2トゥム ナ」
 (8時に会いましょう)

もう、やる気満々で6時にはプロンポン(ソイカまで徒歩10分)
まで来ていたのに、
とたんに時間のつぶし方を考えなきゃならなくなってしまった。
で、エンポリでネット。
で、まだちょっと早いかと思ったが、
もうやることもなくなったので、ソイカに向かう。
予想通り7:40にはソイカ着。
が、いつもとは様子が違う。
いつもは7時ぐらいには、
どの店もオープンしてるが、
まだまだ準備中。
ティーラックも照明が煌々とついていて、
中では化粧や髪結いに余念がない女の子たち。
外でぼーっとしててもしょうがないので、
そんな店内に入る。
ビールは飲めるらしい。
だからビール飲みながら、そんな女の子達を観察。
Jaは8:00といってたが、
まぁ、9:00ぐらいを覚悟してた。
が、予想に反して、8:05にJa到着。
外では振る舞い飯とくじ引き。お祭りですね。
ママさんにたっぷりご飯を盛ってこられ、
Jaも1皿追加して、まぁおなか一杯。。。
ビール入るかしら。。。
でも、このあたりでも、自分的には出かける気満々だった。

J「ジャ パイナイ」
 (どこ行くの)

わ「ティーナイ ディーナ」
 (どこがいいかなぁ・・・。)

J「ティーニー ディークワー」
 (ここがいいよ)


さよですか・・・。
お祭り騒ぎの渦中に行くのも楽しげだったが、
ただ今満腹でどうにも動く気がしない。
とりあえず、しばらく待機することに。
でハッピーアワーが終わりそうだったので、
ハイネケン追加。Jaもコラーを注文。
さて、このあたりからおかしくなってくる。
お友達も登場。Jaが執拗にウイスキーを飲めと
その誕生日の友達に勧めている。
ここで入れたらどこにもいけないぞ、
と思いながら、まぁ、それもありかなと思い始める。
なにせ、今日は朝6:00まで店開けてるようなので・・・。

でウイスキーがテーブルにセットされる。
でもただいま満腹中にて、そんなに飲めません。。。
飲みきれるのかなぁと珍しく弱気な私。
が、Jaは仲良しが通るたびにウイスキーを勧める。
私のウイスキーもテラ濃ゆく作る。
氷満載+ウイスキー半分+ソーダ半分。。。
どんだけ〜。。。
まぁちびちび飲みますけどぉ。。。
おかげさまで私の不安などそっちのけで、
がんがん減ってきます。
でウイスキーが終わりかけたときにJaからステキな提案。

J「アオ イーク マイ」
 (もう1本飲む)

ていうかあなた飲みたいんでしょ。。。
2本目は1000Bでなく、Ja自ら外に買出し、
210Bへ大幅値下げ。
もうどうにでもして。
すでにここから外に出かける気力なし。
このままティーラックに骨をうずめましょう。
で、時計をちらちら気にする私。
2007年、2008年の2年越しのチューねらい。
腕時計は2分進んでいる。
携帯の時計は1分遅れている。
ので、腕時計が0:00になったら、
どこかへ行かぬようにJaを抱きしめておく。
で腕時計00:01:30過ぎ、
おもむろにキス。
Jaも自然にそのキスを受け入れる。
2007年と2008年の狭間を、
唇で結ばれたまま渡りきった。
DJもサワッディーピーマイ。
みんなもサワッディーピーマイ。
結構な人。
セントラルワールドプラザはきっと恐ろしい人だかりであろう。
あんまり人ごみ好きじゃないので、
ここで十分だ。

そんな馬鹿騒ぎしてる隣に日本人の方が
いらっしゃていました。
まぁ、来たのは0:00より随分前だったの思いますが、
まぁ、このあたりの時間の感覚はかなり怪しいので。。。
でなじみの女の子がつきました。
タイ語は話せないようなので、
時折通訳させていただきました。
だいぶ意訳ですけど・・・。
まぁとにかく宴もたけなわ。
気付くと隣の日本人についていた女の子の姿が見えなくなっていました。
ペイバー済みなのに・・・。
なにやらJaの話によると、
20分ぐらいで戻ってくるといってたようなのですが、
もう1時間近く姿が見えない。
で、その女の子の携帯にどこぞの誰かから電話。
Jaが出る。で外に出て行く。。。
5分ほどしてJaが怒った顔で戻ってくる。

J「ミー プーチャイ コンタイ!」
 (タイ人の男がいる!)

そうなんですか。。。
まぁ、でもそんなGOGO嬢は山ほどいるでしょう。。。

J「マイ チョープ」
 (そういうの大嫌い!)

ほへ?
で、Jaの独白が始まります。
また新井流意訳でお許しを。

J「Jaはコウダイ1人だけを愛してる。
 だから、他のどんな人に一緒に行こうといわれても
 全部断る。たとえ、100万Bくれるといわれても。
 コウダイ以外の人と一緒に行くのは、悪いこと。
 だからどんなに誘われても一緒に飲むだけ。
 絶対に一緒に行かない。
 だから、コウダイも安心して。
 コウダイがお店に来ないときでも、
 Jaはお客さんと飲むだけだから。
 Jaは嘘つかないし、嘘をつくのは大嫌いだから。
 本当よ。
 もうコウダイのことを本当に愛してるから。
 コウダイ1人だけを愛してるから。
 みんな馬鹿だっていうの。
 お金たくさんもらえるのにいかないのは。
 でもそれでいいの。
 たとえコウダイがお金くれなくても、
 それでいいの。
 コウダイを本当に愛してるから。」

わかりました。
Jaのどこに惚れたか。
心動かされたのかが。
このどこまでもまっすぐで純真なところが、
いたるところで見え隠れするのです。
今までもいろんなGOGO嬢に
いろんなリップサービスを受けてきました。
でもJaは違う。本気で言ってる。
それが痛いほど伝わってくる。
だから自然と涙が出てくる。
言葉1つ1つの意味がわからなくても、
伝わってくるんです。
Jaの真剣さが。
まじめさが。
純真さが。

もう今の自分にできるのは、
抱きしめてあげることだけだった。
私自身の気持ちを正確に伝えるには、
あまりにも貧弱なタイ語能力。
だから伝えたタイ語は

わ「ラック Ja モットフアジャイ」
 (Jaだけを心から愛してる)

わ「ラック Ja コンディアオ タローットチーウィット」
 (Jaだけを一生愛するよ)

ぐらいか。
あとはただただ、一生懸命愛する気持ちを伝えてくれた
Jaに応えるために、ただただ抱きしめた。

もうそれからは大変。
Jaが今までについた飲むだけのお客さんが来ると、
いちいち挨拶にでかけ、

サワディーピーマイ。
(あけましておめでとう)          

ミーフェーンレーオナ  
(恋人いるのよ)

といって、こっちを指差す。
とりあえずファランであっても誰であっても
私は小さくワイ。

・・・刺されないかしら。私。。。



そんなこんなで

2:00をまわり、

3:00をまわり、

4:00が近づいた頃、

わ「Ja、ガッバーン ギーモン。
  プンニー ジャ パイ バーンヤーチャイマイ」
 (Ja、何時に帰るの。明日おばさんの家にいくんだよね)

J「チャイ。プラマーン ティー4ナ」
 (そうよ。4時ぐらいに帰る)

わ「ディオ ティー4 ナ」
 (もうすぐ4時ですけど・・・)

J「ジンロ!」
 (えっ、うそ!)

・・・

J「もうちょっとコウダイといたいから、5時に帰るね」

どこまでも、心をつつくことを言ってくれる。
でも楽しい幸せな時間は、
何よりも早く過ぎていく。
もう酔っ払って相当眠いのだが、
Jaと一緒に居れるならいつまでもいようと思っていた。
でも5:00。
チェックビンは1220B。
と2本目のウイスキーが210Bで総額1430B。
午後7:30〜午前5:00約10時間の飲み代。

でいつものように、
Jaをアソーク通りの向こう側まで送る。
タクシーがなかなかつかまらない。
トゥクトゥクが100Bで行くというので
しぶしぶそれに決めるJa。
お休みのキス。
今日はたくさんチューしたなぁ。

次会えるのは2日だ。

Jaを見送り、
ソイカに戻り反対側まで歩く。
人がごった返してる。
女の子たちが大声で歌って踊っている。
知り合いの呼び込みに20B巻き上げられる。
ちょっと酔い覚ましに歩く歩く。
プロンポンあたりに来たときはすでに5:30。

おしっこしたくなってきたので、
タクシーと。。。







空車、ぜんぜん来ねーーー。


結局家到着は6:00過ぎ。


今年もきっとよい1年になるだろう。。。


1年の計はタイブログにあり!
 ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

1500人斬り超さんの◆海外漫遊記◆珍道中









デートの前に可愛いあの子は既に落ちていた…狙った女を確実にものにする魅惑のモテメール




posted by 新井広大 at 15:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。