2008年02月13日

2/14はバレンタインデー!?

2月14日はバレンタインデー。
日本では女の子が意中の(まぁ義理という便利な習慣もありますが)
男の子にチョコレート等を贈って愛を告白する日。

ウィキペディアより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%BC


まぁ、女性から男性にということや、
チョコレートを贈るというのはごくごく日本的な習慣だが、
世界中にバレンタインデーの文化は広がっているようだ。

ここタイでもご他聞にもれず、
バレンタインデーの風習はある。

が、多くは男性から女性に
(学校の先生にという話も聞いたことがある)
バラの花?を贈るのが一般的らしい。

あと、恋人同士にとっては
クリスマスイブよりも大事な日らしい。
クリスマスイブは誰と過ごしてもいいが、
バレンタインデーは恋人同士、
よってバレンタインデーが、
タイで一番処女が失われる日になっているらしい。。。


まぁ、そんな日だからこそ、
やっぱりJaと過ごしたい。
ので、ある意味リトマス試験紙になるかもしれない。
まぁ、色が変わろうが変わるまいが、
自分の気持ちに変化はないと、
頭では思っている。
心がどう反応するかは、
そのときになってみないとわからない。
少しずつでも進んでいくためには、
きっと避けては通れない道。

見ようとしてこなかったわけではない。
見ても見なくてもJaを愛し続ける
ということに変わりはないのだから、
だったら敢えて見ることもないだろうと。
見ようとしないということと同じことかもしれませんけどね。。。


プンニー コ ユー ドゥワイカン ダイマイ?
(明日も一緒にいれる?)

と今晩敢えて聞いてみることに。
ダイであれ、メダイであれ、
答えがどっちであってもJaへの愛は変わらない。



と決めている。
心はどう動くかわかんないけど。
グレイな部分をグレイなまんまで愛してもいいけれど、
白黒はっきりすればはっきりしたなりに、
余計な心配は必要なくなる。



さて、明日はどっち調で書くことになるのかなぁ。。。

日本を離れ、タイの女性に恋をした男の
心の動きと行く末を、もうしばらく堪能してください。。。



最近夜遊びネタ少なくてすいません。。。
近々覗きに行ってみますきに、
それまでもう少々ご勘弁ください。。。
更新のたびにクリックしていただける方に感謝!!
コップンマーククラップ!
 ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ



1500人斬り超さんの◆海外漫遊記◆珍道中










posted by 新井広大 at 17:03 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
昨日はコメントありがとうございます。

夜遊び情報なんてわーい(嬉しい顔)新井さんの愛のゆくえを、みんなが注目していると思います。
Posted by なとー at 2008年02月14日 10:08
昨日はコメントありがとうございます。

夜遊び情報なんてわーい(嬉しい顔)新井さんの愛のゆくえを、みんなが注目していると思います。

閲覧者数なんて余計なことお考えにならないで、愛のことだけ考えてていてください。
Posted by なとー at 2008年02月14日 10:09
[各所ではパターンには当てはまらない部分が多くあったと思います。]

上記の広大さんのご意見、おっしゃる通りで、各所各所では重要なポイントがありました。
おおまかな部分ではよくあるパターンでしたが(それが為に彼女を信じ切れない部分が多々ありました。)

初めて彼女の田舎に行った時に、母親が入院している病院にお見舞いに行きました。8時間ぐらい病院にいて彼女と母親と私、何をすることもなく同じ時間を共有しただけで会話も私のタイ語は彼女には多少通じるが、母親には通じない。。。(私の発音が悪い)ので、ほんとうに簡単な会話しかできませんでした。
しかし、病院から帰るときに母親から二言三言、話かけられ(半分しか理解できなかったが。。。)私は「うん」「うん」と2回うなずきました。
後から彼女に確認すると「娘はあなたのことが好きだから面倒をみてやって下さい」「私もあなたなら良いと娘に伝えてあります」と言ってくれていたそうです。それはお金の為の言葉だったかも知れません。。でも私はそうでは無いと思いましたし、言葉より母親の娘を思う気持ちが私には理解できました。

それから彼女との関係は急速に進展しましたが、まだまだ発展途上でケンカもよくします。泣いたり笑ったりほんと大変です。一緒に暮らすと生活観の違いが辛い場合もあります。しかし最近は彼女として一緒に住んでいるのではなく、小さな子供を私は育てているのだと思い、喜怒哀楽で生活をしています。

いつも楽しく拝見させて頂いております。
ほんとがんばって下さいね☆
Posted by はこだま at 2008年02月14日 12:24
> なとーさま

愛の行方ですか。
いったい結末はどうなるのでしょう。
私があきらめない限り、たどり着く先は1つですが。
その道中はじっくり見てやってください。。。


> はこだまさま

実際のお話を伺えると、ほんと励みになります!
頑張れます!
日々勉強、日々精進!
ほんとガンバリマス!
Posted by 新井広大 at 2008年02月15日 19:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。