2007年11月07日

ナナプラザ・レインボー2:ウーB

顔なんて全然可愛くない私が半年間で17人に告白された!
その秘密を大公開





9・11
シャークの誕生日だそうです。
でふるまいビュッフェ。
行こうかどうしようか迷っていたところへ
サーイより電話。
なにやら興奮気味に早口でまくし立てている。

サ「*+*。:;。。*>+p、ドゥアイ!」

何を言ってるのかよくわからない中にも、
バックに不穏な影を嗅ぎ取り、

(今日は行ったら大変だ・・・)

と私の中の虫たちが騒いでいる。
・・・
・・・
・・・
よし!今日はナナ直行。
急いでウーにタイ語メール。

わ「ワンニー ジャ タムガーン マイ
 (今日は仕事行くの?)
  ヤーク ジューカン マクマーク ナ」
 (めっちゃ会いたいんですけど)

ウ「ジャ ローユー レインボーナ」
 (じゃあレインボーで待ってるね)

わ「OKカップ ジャ パイ 22:30ナ カップ」
 (OKです。では22:30に参ります)

ウ「ローユーナ(待ってるね)」

その後も仕事の真っ最中にサーイから電話くれど
真っ最中なので、とれねえっす。。。
で10時仕事あがり!
会社の前でタクシー捕まえ

わ「パイ ソイナナ クラップ!」
 (ナナへ行ってクラサイ!)

パクソイでおろしてもらい、
ナナプラザに入る。
マンダリン目の前のエスカレーターの下5mは
細心の注意を払い通過。
Biawに見つかったらこれまた大変。
予定通り、22:30ちょっと前にレインボー2入り。
この時間でも座れるのね。。。
ターイはいない。
ウーは・・・一番手前で踊ってた。
が視線があっても特に気付いた風でもない。
顔忘れられたか?
前回は私服で今日はスーツという違いはありますが。
前回は遊び仕様、今日は勤務仕様ですが。。。
なのでせめて表情は遊び仕様にと思い、
視線が合うたびに、おもろい顔してやりました。
3〜4度目にどうやら気付いたらしく
周りの友達とひそひそ。おそらく、

ウ「あの変な顔している人、この前の人かな」

友「ん〜、カッコはきちんとしてて違うけど、

  あの変な顔はなんか見覚えあるし・・・」

ウ「ウンそうそう、あの変な顔だよ!間違いない!」

とでも言ってたのでしょう。
ひとしきり友達との会話が終わると、
ダンス中なのにステージから降りてきました。

ウ「来ないかと思ってた」

わ「ワタシウソツカナイネ〜」

ウ「昨日は何してたの」

わ「仕事して、家帰って本読んでた(ウソ)」

ウ「昨日は飲んでないの」

わ「ウン。全然飲んでない(大ウソ)」

ウ「私なんか家でリオ大瓶5本も飲んじゃった」

わ「いいね〜」

ウ「昨日は雨降ってたから仕事にも来れないし、

  友達に遊びに行こうって言われたけど、

  寝てていかなかったし。でも、友達遊んでいて、

  帰ったの朝9時だって」

わ「すっげ〜」

でちょっとジェップコーというので、
ウーの前でたばこは控えました。
ひとしきり会話も落ち着くと、
腕を絡ませ身を寄せてくるウー。
笑顔と体はめちゃくちゃタイプ(かも)
顔をウーの方に向けると、
ウーも顔を寄せてくる。

チュ。

でもこの手のタイプは、今までの学習成果からすると
私がお金に見えているはず。

「またやりたがってる日本人がお金もってやってきた」

でも最近の私はそれほどやりたいわけでもない。
やりたかったら風呂や行けばいいと思ってるし。
ゴーゴーの娘は語学の練習と、その中で
いろいろ駆け引きして、恋愛ごっこを楽しみたい
本気の恋愛にお互い発展したら、それもまたよし。
旅行者と違ってお金もそんなにないし。

なので、30秒で頭の中で臨時戦略会議。
今回の参謀はなかなかの謀略家。
でおあつらえ向きにウエイトレスが

「今日も2人ペイバーして遊びに行くの?」

と声をかけてきた。

わ「ウー ヤーク パイ ドゥアイ ロー」
 (ウー 一緒に行きたいの?)

隣に座ってた友達は、一緒に家行ってきなよと
はやし立てる。
ウーは笑ってる。

わ「パイドゥアイコダイ マイパイドゥアイコダイ
  レオテー ウー ナ」
 (一緒に行ってもいいし、行かなくてもいい。
  ウー次第だよ)

さらに続ける

わ「ユードゥアイカンチュイチューイ コサヌック
  マイノーンカン コダイ」
 (一緒にいるだけでも楽しいから、寝なくてもいいよ)

何か考えているウー。
今回の広大さんは手ごわいですよ。
とりあえず、一緒にご飯食べに行こうというのでok。
別にお金を払いたくないのではないということを
示すために友達もあわせてペイバー。(でも痛い・・・)
ですでにペイバー済みのもう一人のお友達も加えて
4人でナナ路上のチムチュム。
貝(ホイ)も買って来て、
一つ一つむいて口に運んでくれるウー。
しかし、この暑い夜空の下で、熱いチムチュム。
うまいんだけど、暑い。。。
本気でシャワーだけでいいから浴びたい。

ウ「ローンロー」(暑いの?)

わ「ローンマーク ヤークジャアップナーム」
 (めっさ暑いっす。シャワー浴びてえっす)

ウ「パイ ドゥアイカン マイ」
 (一緒に行く?)

わ「パイナイ」(どこへ?)

ウ「カンボン」(上)

わ「カンボン?」(上?)

といって、空を指差す私。。。
知ってますって。ナナプラザ3階の連れ込み部屋ってことは。
そこ入って、シャワーだけ浴びて帰ろうかなとも思いました。
ただいい具合にお友達から援護射撃。

「家にいきなよ〜」

わ「アンナイコダイ レオテー ウーナ」
 (どっちでもいいずら。ウーしだいずら)

ここからしばらくウーたち3人の早口トーク。
ときどき聞き取れるところから想像するに。
今日はウーはじぇっぷこーでマイサバイ。
私は仕事でヌアイマーク。
だからウーは家に帰って寝たいよう。
でも友達2人は、ペイバーしてもらったのに、
飯だけ食べてバイバイじゃだめだよ〜と。
それでウーも考えている。
そのあたりを聞き取れたところで、

わ「ワンニー マイサバイ チャイマイ
 (今日は調子悪いっしょ。)
  ガッバーン ノーン ディークワー
 (そゆときは家帰って寝るのが一番)
  ノーンカン ムアライ コダイ
 (寝るのはいつでもいいし)
  ガッバーン ノーン ロコ ハーイ レオレオナ」
 (家帰って寝て早いとこ治しちゃってーな)

といっておでこにチュ。

ウ「ジャ ジューカン マイ ムアライ」
 (今度はいつ会える)

わ「ムアライ コダイ」
 (いつでもいいよ)

ウ「キットワー プンニー マイマー」
 (多分明日は来ない)

といって友達にも明日休むねといっている。

わ「ポム コ マイマー」
 (わても来ません)

ウ「ワナーティット ワ ナーンナン ナ」
 (日曜日だと遠すぎるね)

わ「ン〜 ワンスック ダイマイ」
 (ん〜では金曜日はいかが?)

ウ「ウン」

で今日はさよならすることに。
友達はしきりに一緒に帰りなよ〜といっているが
私がマイペンライマイペンライ。

ウ「パイ ソーン ナ」(送るね)

でスクンビット通りまで手をつないで歩く。
通りを渡りタクシーを捕まえる。
捕まえたタクシーの運転手に行き先を告げながら
タクシーに乗り込み

わ「ジューカン マーマイ ナ」
 (またね!)

ウーも手を振っている。
タクシーが出る。
しばらくしてSMS。

ウー「Takecare na Miss you」

わ「ワンラン ジャ ガップホンポム ドゥアイカンナ
  ダイマイ」
 (次はうちに一緒に帰ろうね。いい?)

ウー「OK Good night」

わ「ラートリーサワット ファンディーナ」
 (おやすみ。いい夢みろよ!)

で締め。



超簡単!mixiで底なしナンパ攻略法!!

posted by 新井広大 at 14:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月06日

ソイカにナナにメーサロンに・・・いっぱい!

パチンコ・パチスロ、最強の無料攻略法はここにある!
30秒でお申し込みも完了、あとは貴方が勝つだけです。



★出会いはここから始まる★





一応、誤解のないように私のスペックを語っておくと、

タイ語語学学校通学歴:なし。
初タイ訪問:2006年2月。
通算タイ滞在期間:13ヶ月半。

真っ当にタイ語がしゃべれるわけでは全くありません。
聞き取れた単語の意味からの推測と、
知ってる単語を並べてまくしたてるだけの会話。

それでもこの日は4人との電話攻勢。
スタートはサーイ。いつものように仕事中に電話。
こいつはだいたいいつも同じことしか言わない聞かない。



チ「ワンニー マー マイ(今日は来るの?)」



わ「ヤン マイ ルー(まだわからん)」

で締める。
まぁ、問題ない。
続いてBiaw@マンダリン。
前回ディスコに行ったときに9月27日にPOTATOが来ると知り
来たいなぁみたいなことを言ってたら、
27日は休みにするから一緒に行こうって。
で前回あたりからキトゥンキトゥンうるさい。
でも言われたことを言葉通りの意味でしか受け取らない
私にとって言われて嫌な言葉でもないので、
調子を合わせて、ポム コ キトゥン Biaw ナ〜
とか言ってみる。

ミー フェーン マイ(恋人いるの?) の問いにも、

レオテー Biaw(Biawしだいかな) 

などとからかってみたりもしてみる。
なかなか楽しい会話ができるようになってきた。

続いてウー
おととい一緒に遊びに行って、また明日と言っていたが、
タイ語のメールが来る。
まだ読むほうはあんまり自信ないんですが。。。
でもあんまりむずかしいことは書いてなかったので
なんとかなる。

ワンニー マイ ダイ タムガーン ナ コートー ナ
(今日は仕事いかない。ごめんね)

って書いてあるっぽい。。。
で電話で確認。

わ「ワンニー マイパイ タムガーン チャイマイ」
 (今日は仕事いかないんだよね)
う「チャイ カー ムワクン キン ヨー マオ ヌアイ」
 (そう。昨日の夜、飲みすぎて疲れた)

そうでっか。てかそんな飲んでたのか。
そういえばこっちのペースについてくるような勢いで
飲んでおられましたわ。
まぁ、しょうがない。ジューカン プンニー ナで締め。
で、仕事も終わろうとしているとき山から電話。
とりあえず仕事真っ最中のため、
ディオ トーハー ナ

といっていったん切る。

で仕事が終わりタクシーに乗り込みソイカへ。
その中から山へ折り返し電話。
まずはBee。

タハーンのことはどう聞けばいいのかよくわからんので

わ「Bee ラック ポム マイ」
 (Beeは俺のこと愛してる?)
ビ「ラック タンマイ」
 (愛してるよ。何で?)
わ「ターム チュイチューイ ナ
 (聞いてみただけ)
  ター ルーワー Bee ラック ポム サバイジャイナ」
 (Beeが俺のこと愛してるってわかれば、安心だから)
ビ「フフフ」

まぁうそついていようが本当だろうが、
Beeの口からラックと聞ければとりあえず安心。
電話を切りシャーク入店。
目の前でサーイが踊ってる。
そこへ山から再び電話。Bee母。
いろいろとまくし立ててくる。
昨日Beeたちが帰ってきたのは10:00だとか、
タハーンはマイディーだとか、
あれやこれや、
半分ぐらいはわかりませんでしたが、
とにかくBeeが私から離れてタハーンに行きやしないかと
心配でたまらないようでした。
広大からも、“ミー フェーンマイ ロ”と聞けとか、
マーハー レオレオって言えとか、
とりあえず、ぽつぽつ雨の降るソイカの路上、
呼び込みのおねいちゃんたちの目の前で
そんな電話をしちょりました。

フーって感じ。
取りあえず5人とコンタクトが取れて、
今の段階でのそれぞれにおいての
最良のポジションは確保できているかなと確認完了。
半年前は電話番号聞いてもあいさつぐらいしか
できなかったのに(まず聞き取れなかった)。
えらいえらい。
ソイカ、ナナ、山奥の人は、
よい語学の先生です。



サクラ・ヤラセ一切なしの本物の出会い!ハッピーメール



posted by 新井広大 at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月05日

ナナ・レインボー2:ウーA

ユーブライドならきっと見つかる。理想のお相手。




日曜日は、午前中ちょっと仕事して、
午後セントラルワールドプラザ、伊勢丹あたりを
ぶらぶらしようと思ってた。
お客さんから5000バーツ分の伊勢丹の商品券
いただいてしまって。。。
で飯食って、本見て、スーツ見て、映画でも観て
帰ってこようかとBTSの中で思案していたら、
山から電話。Beeのお母さんからだった。
一方的にまくし立てられたので、
よくわかるようなわからないような話。
聞き取れた部分に想像を加味して
作り上げた話の全貌は、
朝早くからBeeは友達とチェンライにいる
タハーンのところに遊びにでかけている。
どうやらタハーンはBeeに気があるらしい。
Beeもまんざらではない感じ。
チェンライで何してるんだか、
お母さんの心中は穏やかでないらしい。
そんな話聞かされたらこっちも憂鬱になるっちゅうに。。。
頭の理性の部分では、

「まだ17。たくさん恋もするっしょ。最後に自分の

ところに戻ってくるならそんな経験もいいでしょう」

などと大人なことを思いながら、本能の部分では、
その顔も知らぬタハーンに歯軋りしていたりする。

そんな電話のおかげで、
モスバーガーに並ぶ気力も失せ、
8番ラーメンでラーメンすすって、
紀伊国屋でそそくさと本を眺め、
映画を観る気分でもなくなって、
さっさとうちに帰ってしまった。
でうとうとしてるとまたBeeの母親から電話。
まだ帰ってこないという。

7:30

でこっちからもBeeに電話してみる。
がつながらない。話中。
家に一人でいるのも落ち着かず、
とりあえずシャワー浴びて外出。
でなんとなくレインボー2へ。
シャークいったらサーイがうるさそうで、
なんかそんな気分ではなかったので、
ターイがいてもほっておいてくれる
レインボー2を無意識に選んでいた。

で店にいってみると。。。

客少な。。。
女の子も少な。。。

まじでここがあのレインボー2?

な感じでした。
でも9:00近くなって客も入りだし、
女の子も増えだした。
で土曜日目を引いたが結局となりには呼ばなかったウー発見。
今日は呼んでコーラおごってお話。
途中ターイがよってきて、

「女の子いっぱいいるね」

とチクリと攻撃。

「お話したいだけだよ〜」

と反撃してみるがよくわからない反応。
まあいい。

なかなかポップな子だ。
自分からは積極的に連れ出せ連れ出せいってこないが、
周りが連れ出せ連れ出せうるさい。

「ヤーク パイ ドゥアイカン ロ」
(一緒に行きたい?)

と聞くとニコニコしている。
どうやら歌いに行きたいらしい。
で今月まだつれだされていないという友達も
一緒に連れ出してBigEchoへ。
で日本語の歌1曲だけ歌って、
あとはタイポップス。
BigEchoでなくてもよかったっしょ。。。
でも大声出して騒いでいたら、
心も軽くなってきた。
身も軽くなってきた。
でウーもいちゃついてくるので、
チュッチュしながら歌って
またチュッチュしながら踊って、
しこたまビールを流し込んだ。
あっという間に2時間が過ぎ、
まだ遊びたいらしい。
が着の身着のまま家をでてきたので、
財布の中には、ここまででギリギリ。
がこちらももうちょっと一緒にいたかったので、
一度家に戻って、財布に栄養補給して
再びラチャダーへ。
ハリウッド、ダンスフィーバーは2時で閉まるので、
3時4時までやっているという店へ。
で閉店まで踊り、
近くでクイッティアオをすする。
ここまででだいぶウーに気持ちが入っていった。
BigEchoにいたときから、
何度か自分の携帯に電話が入ってきてたからか
(山から数件、Biawから数件)
何度も

「彼女でしょ」

「おくさんでしょ」

と言われ、マイミーマイミーと返し、

「トックワン ノーン コンディアオナ」
(毎日、1人で寝てるよ)

と悲しげな、昔懐かしアイフル犬の目を向けてみる。
と、友達の方が、

「ワンニー ノーン カン シ」
(今日、一緒に寝なさいよ)

とウーを指差していう。
また

「ヤーク パイ ロ」
(行きたい?)

と聞いてみる。
と今日はもうこんな時間だから、
明日にしましょといってくる。
そのほうがこちらもありがたい。
もう4:00。
眠いのと飲みすぎたので、おそらく一緒に帰っても
戦闘不能。
最近やりたい気分はどこか頭の片隅で眠りこけている。
飲みたい騒ぎたいはしゃぎたい気分が全盛期。
やはりストレスなのかな。。。

というわけで、そこでバイバイ。
電話番号もいただけたので、
またいってみることにします。
でレインボー2で出会えたら、
とりあえず、、、
やっておくかな。

帰りのタクシーでウーからSMS。

Miss You

Miss You Same Same

とタイ英語で返してみた。

というわけで
久しぶりに新顔ウーがリストに入った。


女の子の自宅をナマ中継。とりあえず覗く?今すぐ出会う?

超簡単!mixiで底なしナンパ攻略法!!
posted by 新井広大 at 17:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月03日

ナナ・レインボー2:ウー@

サクラ・ヤラセ一切なしの本物の出会い!ハッピーメール



仕事が終わって家に帰ってみると午後6:00。

ここから1時間半の過ごし方で
今晩遊びに行くか家にいるかが決定する。。。

で今回は、物寂しくなったので、
遊びに行くことに決定!

シャークは前日、ペイバーレオ帰りの
サーイとノーイを連れ出して
カラオケに行ってきたので、
本日は一応後回し。
ということでナナへ。

最初はいつものマンダリン。
行く度に相も変わらず、
ウエイトレスがパイティアオパイティアオとうるさい。
とりあえず、チュッパチャップスで
口を封じ、おとなしく飲む。

で本日のテーマを考える。
本日のテーマ!

「レインボー全店制覇!」

ナナにあるレインボー1,2,3,4
覗くだけじゃなんてことないので、
店に入って、ちゃんと座ってハイネケン頼んで、
女の子に1杯おごり、ちょいとおしゃべりまで。

暇なんです。。。

決まったら早い。
速攻マンダリンを後にし、まずは同じフロアのレインボー4。

ん〜微妙。。。
食指が動く子がいない。。。
一時期より確実にレベルダウンしてる。。。
なので楽しげなウエイトレスに一杯おごりしばし歓談。
ハイネケン(125バーツ)2本で撤退。

引き続きレインボー3へ。

ますますひどい。。。
はやいとこ一本飲んで撤退と思っていると、
ママさんが寄って来た。

マ「誰を呼ぶの?」

いないっつーの。。。選べないっつーの。。。
呼べそうな子連れてきてください〜と哀願したいくらい。
なので適当に、

わ「190番」

マ「・・・マイユー・・・」
 (いないよ)

知ってますって。だから言ったんだって。。。
でもしつこく食い下がるママさん。

マ「誰?」

わ「・・・じゃあ、・・・3番」

ママさんの目の色が変わる。

!!!

どうやらいるらしい!!!
マジデ・・・。
で連れてこられたかわいそうな娘は、、、

おっ!まぁ見れる。。。
修行と思い、一杯おごってしばし歓談。
22歳らしい、25歳って言っちゃったけど。。。
でハイネケン一本(120バーツ)飲んで、
ちょうどダンスチェンジ!
連れ出せ連れ出せと本人や周り、ママさんがうるさかったけど、
なんとか振り切り撤退。

つづいてレインボー2。

ここには以前シャークでひいきにしてた
ウエイトレス、ターイがいる。
意を決して、レインボー2イン。
とりあえず視界にターイはいない。
で導かれるまま、一番奥の席へ。
あらためて店内を観察。
娘のレベル確実に落ちてます。。。
レインボーも終わりか・・・。
ふと視線を左に向けると、

!!!

ターイと目があっちゃった。。。
ていうか向こうがじっとこちらをみていた。。。
まぁいいでしょう。
ターイを手招きし、一杯ごちそう。
でもまぁぎすぎすした会話ではなく、
楽しい会話できました。
そもそも、ターイがこの店に移動してきた理由は、
このブログのこちらの方で書いてある通り、
ガットに心奪われてしまった私のせいなんです。

でも、ターイとのはじめての出会いもここレインボー2だった。
当時キャッシャーをやっていたターイに
一杯ごちそうしたのがきっかけ。
でシャークに移動してきたターイに再会。
でしばらくコーラご馳走したり、
チップあげたりして仲良くさせていただいたのでした。

でそんなこと思い出しながら
ターイと久しぶりに懐かしい空気に包まれながら時を過ごしました。
でも、そうしながらプーイン観察。
一人、あっこいつならやってもいいかも?というプーイン発掘。
目線もやたらと合う。
ただターイも目の前にいるので、
席に呼ぶわけにもいかず。。。

その目線だけ交わした名前も何もかもしらないその子に
帰りがけに100バーツチップ渡して、また来るねと一言。

それがウーだった。


顔なんて全然可愛くない私が半年間で17人に告白された!
その秘密を大公開



【彼女たちの本音YURIE&麗美編〜キャバクラでモテる男が素人にもモテる秘密のメカニズム】
posted by 新井広大 at 12:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月02日

夜遊びアンケート

★出会いはここから始まる★



夜遊びアンケート


みなさまの夜遊び嗜好を教えてください!
今後の参考にさせていただきます!

posted by 新井広大 at 16:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月30日

女子高生@メーサロン:Bee

ハッピーメール


今の会社に正式に入社してから初の長期休暇。
よくよく考えると、
この休暇の予定も随分前から2転3転している。
まず最初は、ガットとガットの田舎への旅行。
それがいつの間にか、
ガットと両親とともにチェンマイ旅行。
でも、ガットとの関係に区切りがつき、
心の洗濯、純愛のメーサロン旅行に。

ここまでのいきさつはおいおい話すことにし、
まずは、この8月のメーサロン旅行から語らせてもらうことに。

11日の仕事がPM5:00ちょっと前に終わり、
速攻トイレで着替え。
バックパックを担いで、
バイタクでパクソイまで。
BTSに乗ってモーチットまで。
タクシー拾ってバスターミナルまで。
モーチットのバスターミナル着がPM5:30頃。

さて、ここからメーサロンまで行く方法は
いくつか考えられる。
ベストは、タートン
(チェンマイから北へ4時間ぐらい)までバス。
そこから、ソンテウ乗り継ぎでメーサロン。
ただしタートン行きのバスが少ない。

次点は、チェンライまでバス。
そこからメーサイ方面行きのバス
(30分おきぐらいで出てる)に乗り、
途中バーンパサーンでソンテウに乗り換える。
ただし、最後のソンテウは乗客が7人集まらないと
発車しない。

最後の手段は、チェンマイまでバス。
着いたバスターミナルから
チャンプアックバスターミナルまで、
トゥクトゥクかソンテウで移動。
そこからタートン行きのバスに乗り、
タートンからソンテウ。
乗り継ぎが多くて面倒。

母の日前日で田舎へ帰る人多いんじゃないのと
言われてたので、バスが取れずに最終手段の
チェンマイ経由でも・・・
と考えていたが、
なんなくタートン行きのバスゲット。
しかも5:45発!
バスターミナルでちょいと一服&腹ごしらえと
考えていたが、そんな間もない。
急いで発車場所まで移動。
定刻ちょっと遅れでバスも無事出発。

一息ついたところで、
2件立て続けに電話。
1件目がBeeの母親から。

は「トンニー ユーナイ」
 (今、どこだい?)
わ「ナン ロット オークパイ レーオ」
 (バスに乗って出発したよ)

着いたらこの番号に電話すること。
Beeは友達と出かけていて
13日に帰ってくること、

・・・?
それ初耳なんですけど。。。
それならこんなに急行せずにチェンマイでの夜を
楽しんでもよかったなぁなどと思っていると、
Beeから電話

B「タムアライユー」
 (何してるの?)
わ「ナン ロットメー ユー」
 (バス乗車中〜)
B「ジャ パイ ナイ」
 (どこ行き?)
わ「パイ メーサロン Bee トンニー ユーナイ」
 (メーサロン。Bee今どこいるの?)
B「○○○○(忘れた) クライクライチェンマイ」
 (チェンマイの近く)
わ「ジンロー!」
 (まじっすかぁ!!)

ますますタートン行きではなくチェンマイ行きに
しておけばよかった。
さすれば、明朝メーサロン行きのバスから
一緒になれたものを。。。
まぁ、よしとしよう。。。
バスは途中何度か休憩し、
ほぼ13時間でタートン着。
ソンテウ乗り場まで移動し、
メーサロン行きの時間を尋ねると8:00発
小一時間あったので、クイッティアオで腹ごしらえ。
定刻通りソンテウは発車し、
予定通り9:00分岐点に到着。
どうやら今回はメーサロン行きは乗り換えが必要。
乗り換えなくていいときもあるんですけどね。
でメーサロン行きは9:30発とのこと。
10:00にはつきそうだとBee母に電話。
でほぼ予想通り10:05、
8ヶ月ぶりのメーサロンに到着。
唯一のコンビニ、セブンイレブン前で
Bee母を待つ。
5分ほどで、前より幾分、、、
いやだいぶ黒くなった母登場。
以前はゲストハウスで住み込みで料理作る仕事を
していたが、
体調が悪くなったことを理由に
ゲストハウスオーナーに
子どももろともゲストハウスを追い出されてしまった。
今は月700バーツで部屋を間借りしている。
ベッドが2つある寝室兼居間と食事する部屋、
外に台所(小屋)とホンナーム(トイレ兼水浴び場)
ホットシャワーはまずお湯をまきで沸かして
ため水とまぜる。
エアコンはこの気候ではまずいらない。
扇風機も欲しいと思ったことはない。
テレビは同じ敷地内の大家さんの家で。
という装備。
格別、そういう環境に気を使うほうではないので、
自分で生活するにはどうってことはないのだが、
ちょいと軽くショック。
とりあえず、有無をいわさず昼食。
中華系の環境のためか、
爆裂的に辛いものはないので、
大抵食べられる。
しかも、このお母様料理が上手。
数種類の野菜の炒め物、スープ、
鶏肉(これまた〆たばかりの鶏)の炒め煮。
ご飯はお代わりし放題。
山を降りる頃には数Kg重くなっているに
違いない。。。
食後の果物つき。
3食昼寝付き。
洗濯もしてもらえる。
初日はBeeがいないので、
妹(9歳)に遊んでもらったり、
お母様にお茶を飲みにお茶屋
(メーサロンはお茶が名産であちこちにお茶を
試飲しつつ売っているお茶屋さんがあちこちにある)
に連れていかれたりしてすぎていった。
夜Beeから電話

B「プンニー ジャ ガッバーン ナ」
 (明日帰るからね)
わ「ガップ マー ギーモーン」
 (何時に帰ってくる?)
B「10モーン 11モーン」
 (10時11時かな)

初日は、妹は私の持ってきた宮崎アニメ
(メーサーイで仕入れたもので、中国語で聞ける)
(メーサロンの標準語は中国語>=タイ語>
山岳民族語な感じ)
を持って友達のおうちにお泊り。
お母様は上の大家のところでお休み。
というわけで、私一人で寝室を占拠。
いつもより数時間早い夜を、
数倍静かな中で眠りに落ちていった。

早寝早起きではなく、
早く寝れば、必然的に早く起きる。
ここメーサロンでのかつての習慣は、
6時ごろ起きて、
朝市でコーヒーと揚げパンで目を覚ますこと。
このコーヒーと揚げパンのお店の女主人は、
Beeの同級生。兄弟と一緒に毎日学校のある日は、
登校前まで働いて学校にいっている。
なんでもBeeの話だと、ご両親ともいなく、
兄弟5人ぐらいで暮らしているようである。
そんな話を聞かされた日にゃあ、
・・・といって何かできるわけでもないので、
とりあえず、毎朝コーヒーと揚げパンで16バーツ、
売り上げに貢献させてもらっている。
で帰りしなに、Beeの好物のりんごを買って帰る。
今回も違わず、この習慣を続けた。
久しぶりに顔をだすと、

 「マイヘンナーンナーンナ。ガップイープンロー」
 (ずいぶん見かけなかったけど、日本に帰ってたの?)
わ「マイチャイ ガップ クルンテープ ナ」
 (違う、バンコクに戻ってたの)
 「タムガーンロー」
 (仕事?)
わ「チャイ」
 (そう)

そういえば前回話なんてしたっけ?
もしかして初めて話をしたかもしれない。
時間にして15分ぐらい。
コーヒーのんでパン食べて一服して、
16バーツ払って帰る。
もちろんBeeのためのりんごを忘れずに買って。

10時が近づくにつれ、ちょっぴりどきどき
落ち着かなくなってくる。
ちょっぴり過ぎた頃か、
表にバイクの音。
しばらくしてバタバタという足音。
でBeeの姿が視界に飛び込んできた。
・・・
・・・
・・・
おや?ちょっとまるくなってる?
第一印象。。。
それを伝えようと、
ほっぺとおなかあたりをつついてやる。
微笑みっぱなしのBee。
前より笑みが多い。
で、最初のお願い事。

B「携帯でとった写真、CDに入れて」

私の知らないBeeの写真を見て、
そして前に撮った私の知っているBeeの写真を見て、
ひとしきり盛り上がる。
昼食後、

B「パイ パター マイ(山の上にある仏塔)」
 (パターに行く?)
わ「パイ ヤンガイ」
 (どうやって?)
B「ドゥーン パイ」
 (歩いて)
わ「ロー?」
 (まじで?)

700段を越える階段が待っています。。。

お菓子と飲み物を仕込んで、Beeの友達も加わり、
いざ階段の前まで行くと、

B「疲れるからここで話そう」

疲れるのは最初からわかってるでしょうが。。。
というわけで3人で、というかほぼBeeが友達と
話してました。というのも言語は中国語。
私全くわかりません。
ときおり、タイ語になる部分でこっちを向くので、
その部分ではちょっぴり参加。

そのあと、
前回まではメーサロンでは見かけなかった施設、
ネットカフェへ。
2軒ほど見かけました。
Beeも結構はまっているようで、
チャットの仕方やゲームの腕はなかなかのもの。
チャットはタイ語で行われているので、
何を話題にしているのかはさっぱりわからない。。。
なんか変な嫉妬心のようなものが湧いてくるが、
そこはおしゃべりしたい盛りの18歳。
しかもなかなかこのエリアから外に出れない。
とくれば外の人との会話はなによりも
刺激的なものに違いない。



B「ヤーク ジャ パイナイ」
 (どこ行きたい?)
わ「ヤーク キン ビア」
 (ビール飲みたい)

でパソコン2台3時間分120バーツを会計し、
近くのカラオケ屋へ。
別に歌いたいというわけではなく、
ビールを飲むために。
ビアリオ2本、私1曲、Bee2〜3曲、
ソムタム1皿、途中友達が入れ替わりで2人ほど来店。
でガッバーン。
で、その夜は、いつもBeeが使っているベッドに私
(昨晩もですが)
でもうひとつのベッドにBeeと妹が。
母上はお友達の家。
18歳と9歳のメスと34歳オスが一部屋で
何事もなく一晩を過ごしました。
何事もしようがないだろ。。。
信頼を裏切るつもりもないし。。。
でもチューぐらいしたいな。。。

3日目、14日。
はいつそうなったのか、まったくわからないのですが、
おそらく、以前電話で

B「こっちにくるとき服を買ってきて」

わ「いいけど、どんなのが欲しいかわからないから、
  そっちにいったとき一緒に買いに行こうよ」

といったのがきっかけでこの日のチェンライ行きが
Beeの中で決まっていたのでしょう。
2人でなくBeeの友達2人も
もれなくついてきましたが。
最初は2人で行くものとばかり思っていて、
途中のメーチャンまでバイクで降りて、
そこからバスかな、、、
などと勝手に妄想計画を立ててたのですが、
友達も一緒ということがわかり、
車をチャーターしていくということもわかり、
・・・なかなか2人だけの時間は作れず。。。
っていうか、今日平日なんですけど。。。
学校は???
Beeは朝から学校へ行く気配すらなかったけど、
友達2人は途中から抜け出したよう。
でチェンライ到着で、何年かぶりのプリクラ。
女子高生3人に囲まれて1枚だけ。
女子高生3人は何枚撮ったのでしょう。。。
で映画。
KFCで昼食。
で、くつと服のお買い物。
帰りに市場で夕飯の買出し。
で夕方メーサロン着。
女子高生3人の保護者のようなチェンライの小旅行でした。

で、帰ってきた後Beeは友達のところからVCDを
借りてくるといって家を出て、
恐らくネットカフェで楽しいひと時を過ごし、
3時間ぐらいで帰ってきました。
この娘の「ディオマー」は数分とか数十分ではなく、
数時間でした。

帰ってきたBeeとその友人と妹と母上とVCD鑑賞。
前夜と同様に何事もなく一夜が過ぎました。

翌日Beeは「パイ タム バット」といって
小雨の降る中、バイクで友達と家を出て行きました。
まだバットプラジャムトゥア(IDカード?)
作ってなかったみたい。。。
そういえば昨日チェンライからの帰り道、
検問で警察官になにやらいろいろ言われておりました。

昼頃、Beeより母上に電話。
どんな仕組みでカードができるかわからないが、
とりあえず、明日もう一度役所に行って、
それでカードができるらしい。
なぜか妹も喜んでいる。
というわけで、
この時点での予定が決定した。
明日16日朝Beeが役所に行ってカードを
作ってもらう。
帰りにメーチャンでバンコク行きの
バスチケットを買ってくる。
で17日夕方バンコクへ向けて出発。
18日早朝バンコク着。
18日、19日(この日は3時間だけ仕事)
バンコク観光。
20日夕方Beeメーサロンへガッバーン。

で翌日。
短いメーサロン滞在だったが、
ほんとに家族の中にいる気分で
過ごせたいい数日だった。
などと、今日は学校をさぼった妹と遊びながら
感慨にふけっていた昼前のひと時、
Beeから母上へ電話。
なにやら母上の声の調子が激しい。
電話が切れて母上が要約。

母「カード作れないって。
  学生ならどこかへいく必要もない。
  勉強が終わったらカードを作ればいいと
  役人がいっているらしい」

なんじゃそれ。
いいようのない思いが胸にこみ上げる。
一昨日チェンライに一緒に行った
Beeの友人は持っていた。
だから学生は作れないなんてことはない。
山岳民族だからか。
なんだか怒りというより悲しくなってきた。

母「タムバットメダイ パイクルンテープメダイ」
 (カード作れなきゃ、バンコクへもいけない)

母上もなんだか肩を落としている。


それから数時間後、再びBeeより母上に電話。
またもや母上の声が切れ気味。
さらに何があったのとオロオロしていると電話終了。

母「17日発のバスは一杯で今日発しかないと]
  言われたそうだ。
  で今日の18:00発のバスチケットを
  買ったそうだ。
  払い戻しはできないみたい。
  急いで荷物の支度してだと」

!!!
あんだって!?
そういうことは相談してから決めなさいって。。。
ていうか、バンコクに一緒に行けない、
で、これでまたしばしのお別れっていうのに、
ちゃんと話もしてない。
このまままた遠距離はちょっときついぞ。
ちょいとブルーな気持ちでいる私を横に、
母親はせっせと別の電話をかけている。
どうやらバスのところまでの
車の手配をしているらしい。
手際のよいこと・・・。
そんな手際のよさを恨めしく思った。
でもソンテウはどうやらつかまらないらしい。
でBeeの姉のだんなのところへ電話。
が、それもつかまらない。
・・・
・・・
・・・
バスチケット捨てよう。。。
と決心した。
バスの時間が刻一刻と迫っている中、
みながなんとかしようとしている中、
でもBeeとはこの慌しい中で、
ろくに話もできずまたしばしお別れ。
そんな想いを背負っての数ヶ月と
600バーツそこそこを天秤にかけて、
みるまでもなく、Beeに電話をかけていた。

B「アライ」
 (なに?)
わ「ワンニー マイパイ」
 (今日は行かないよ)
B「ハ?」
 (えっ!?)
わ「ワンニー マイガップ クルンテープ」
 (今日はバンコクに帰らない)
B「クーン メダイ ナ」
 (払い戻しできないよ)
わ「ルーレオ」
 (わかってる)
B「タンマイ」
 (なんで)
わ「ヤーク ユー ガップ Bee」
 (Beeと一緒にいたいんだ)

のどにつかえていてなかなか言えなかった言葉が
するっとでてきた。自分でもびっくり。
傍らで母上と妹が笑っている。

B「Bee コ パイ」
 (Beeも行くよ)
わ「・・・ハ?」
 (・・・は?)
B「Bee コ パイ クルンテープ」
 (Beeもバンコクに行くよ)

・・・
・・・
・・・
???

何?
ドユコト???

わ「ハ?タム バット ダイ ロー」
 (えっと。。。カードはできたのですか?)
B「ダーイ」
 (うん)

頭の中に?が走り回る。

わ「ジンロー」
 (ほんとに?)
B「ジーン」
 (ほんと)

すでに頭の中は真っ白。





わ「・・・ジャ パイ」
 (それなら行きます)

それまでよくわかっていなかったことがここで判明。
IDカード自体が発行されたわけではなく、
一時書類みたいなものを渡されているよう。
それで取りあえずは大丈夫のよう。
で3人分(Beeと友達と私)のチケットを買って、
Beeと友達はメーサロンに向かっている。
(てっきりバス乗り場で待っているとばかり思っていた)
で母上はメーサロンからバス乗り場までの
車の手配をしている。
でBeeたちが戻ってきて、荷物を詰めて、
手配した車でバス乗り場まで行くという手はずだったよう。
一気に180度、地獄から天国のような気持ちの変化。
ドラマにできそうなワンシーン。
慌てて帰り支度。
車も手配できたよう。
母上は食事の支度。
妹はちょいとなきべそ。
ぐっとくるものがあるが、
Beeと過ごせる数日間への想いの方が勝り、
半分にやけ気味。
そうこうしているうちに、Beeと友人帰宅。

B「新しいかばん買ってきた」

そうそう、チェンライに行った時、
新しいかばんを買うと張り切っていた
Beeであったが、
服を買うことに一生懸命で
かばんのことはすっかり蚊帳の外。
しっかり買い忘れてました。
で、その新しいかばんに着替えを詰め込んで、
その後友達とともに、友達の家へ。
ものの15分で友達の着替えを抱え戻ってきて、
それもかばんに詰め込む。
母上の作ってくれた最後の晩餐を食べ、
PM4:15
そろそろ出発。
ちょっぴり目に涙をためた妹と、母上と、
大家さん一家に見送られ、メーサロンをあとにした。

無事バス停まで時間前に到着し、
Beeたちは軽く食事。
バスが来るのを待つ。
PM6:10頃バス到着。
荷物を預け、バスに乗り込み、
当然Beeと友達が並んですわり、
通路を挟んで私。。。

3人だと絶対こうだよなぁ。。。
でも、隣には23・4のちょっぴりセクシーで
美しいお嬢さんがすわっていたので、まぁよし。
Beeたちの横で口説くわけにはいきませんが。。。
一路クルンテープへ。

AM6:00頃、バスはモーチットの
バスターミナルに入っていった。
タクシー乗り場でタクシーを捕まえ、
自宅へ。
Beeとの(おまけ友人付き)
数日間のバンコク生活が始まる。


家でちょいと仮眠をとったあと

わ「ヤーク ジャ パイナイ」
 (どこ行きたい?)
B「タラート ボーベー」
 (ボーベー市場)

洋服見たいようです。
・・・
でも行った事ないぞ私。
地図で場所を確認。
タクシーで100バーツぐらいで
いけそうだ。
が捕まえたタクシーが悪かった。
さんざん迷った挙句、
着けずじまい。
近くにいたタムルアットに道を聞く。
そこから1Km弱歩いて
なんとか到着。
見て歩いたが、どうやら
お気に入りは見つからなかったらしい。

B「ジャ パイナイ」
 (どこ行くの?)
わ「ヤーク ジャ パイナイ」
 (どこ行きたいの?)
B「マイルー」
 (知らない)
わ「パイ MBK マイ」
 (MBK行く?)
B「マイ ルージャック」
 (それ知らない、おいしいの?)

でMBKまで連れて行った。
下から上までウインドーショッピング。

B「ヤーク キン アイスキーム」
 (アイスクリーム食べたい)

わがまま娘です。
でアイスクリームを食べて、
RushHour3鑑賞。
で帰宅。
家近くの屋台で買ってきた飯でディナー。
腹も膨れたところで、テレビ観賞。
でいつの間にかノーンレーオ。

翌日はBeeが行きたがっていた
プラトゥーナム市場へ。
でもここでもお気に入りの服は見つからず。
で結局セントラルワールドプラザで映画鑑賞。
なんだか映画づいてます。
BeeチョープキンなKFCで夕食。
ガッバーン ロコ ドゥーティーウィー。
でまたいつの間にかノーンレオ。
が、寝る前に

B「プンニー ジャ ガッバーン ナ」
 (明日、帰るね)

と唐突な告白。
えっ!?
まだ心の準備ができていないんですけど。。。

で翌日。
唐突な最終日ですが、
今日から再び仕事。
なんか話したら、
泣いてしまいそうな気分だったので、
口をつぐんでいた。
そうこうするうちに仕事へ行く時間。

わ「ジャ パイ タムガーンナ」
 (じゃ、仕事行ってくるね)
B「ガップマー レオレオナ」
 (早く帰ってきてね)

仕事が手につかない。
Beeのことで頭がいっぱい。
浮ついた気分で仕事しつつ午後2:00で
仕事終了。
急いでガッバーン。
すでに荷物を片付け済みのBee。
それを見てまた寂しさがこみ上げてくる。
努めて笑顔を作る。
なかなか行こうといえない。
そのまましゃべることもなくTV鑑賞。
刻一刻とバスの時間は迫る。

午後4:00
そろそろタイムリミット。

わ「ジャ パイ ソーンナ」
 (送るね)
B「ンー」
 (うん)

タクシーで一路モーチットへ。

モーチットバスターミナル着。
まず2人分(Beeガップ プアン)
のチケットを買う。
で併設のマーケットで服を買う。
好きなだけ欲しいだけ買わせる。
服3着とスカート2着。
でバスの時間を待つ。
発車は6:45
今の高ぶった感情で話したら
涙がこみ上げてきそう。
そんなんでろくに話すこともできないまま
発車の時間が近づいてくる。
6:30

B「ジャ パイ レーオ ナ」
 (じゃ、行くね)

こころなしかBeeの顔も曇っている。

B「ピッターム ジャ マーマイナ」
 (今度の休みまた来るね)

こみ上げてくるものを噛み殺し、
努めて笑顔を作る。
バスのところまで送る。
荷物を預け、
あとはバスに乗り込むだけ。

B「ジューカン マーマイナ」
 (またね)
わ「ン」
 (うん)

しか言えない。
Beeの方から、そっと私の手に触れてきた。
でくるっとバスの乗り口の方へ向きを変える。
後ろ向きのBeeの肩に手をかけ
バスのほうへそっと押しやる。
このまま去っていくBeeをみていたら
涙が出そうだったので、

わ「ジャ パイ レオナ」
 (じゃ、戻るね)

と言って手を振る。
Beeもありったけの笑顔で精一杯手を振る。
そのまま踵を返し、立ち去る。

Beeと別れバスターミナルの入り口まで
来たところで、
急に一人でいる自分に
ぎゅっと胸が締め付けられた。
たまらずBeeに電話。

わ「ラック Bee マクマークナ」
 (めっちゃ愛してるよBee)
B「ン」
 (うん)
わ「キットゥン Bee マクマークナ」
 (Beeのことめっちゃ思ってるから)
B「ン」
 (うん)
わ「パイ メダーイ」
 (このまま帰れん)

バスのところまで戻ってBeeを抱きしめたかった。
でもきっと苦しいほど胸を締め付けられる思いで
笑って送ることはできない。

わ「Bee ラック ポム マイ」
 (Bee、俺のこと好き?)
B「ラック」
 (好き)
わ「チンチンロー」
 (ほんとに?)
B「チンチン」
 (ほんと)

もうこれ以上話せない。

わ「コップン ティー ユー ドゥアイカンナ」
 (一緒にいてくれてありがとね)
わ「ケーニーナ」
 (じゃあね)


バスの見えないところで6:45を待った。
必死でこみ上げてくる思いを噛み締める。
6:45
バスは出発した。
出発するバスを見送った。


Beeの母上に電話。

わ「Bee プン パイ レーオ」
 (Bee今出発したよ)
は「ユー ドゥアイカン サヌックマイ」
 (一緒にいて楽しかった?)
わ「サヌックマクマーク」
 (めっちゃ楽しかった)
は「ディーマークルーイ」
 (そりゃよかった)
わ「Beeボークワーラックポムチンチン」
 (Beeは俺のことほんとに好きだって)
は「ロー。タンマイマイクンマードゥアイ」
 (へぇ。何で一緒にこなかったんだい)
わ「ヤークパイ、ヤークパイチンチンナ」
 (行きたいよ、まじ行きたかったよ)
は「マーシ」
 (来なさい)
わ「メダイ。ミータムガーン」
 (だめだって。仕事あるし)
は「マイトン タムガーン」
 (仕事しなくてもいいよ)
わ「メダイメダイ。ターマイタムガーン
 (だめだめ、仕事しなきゃ、
  アライコハイメダイ。
 (何にもBeeにあげられないじゃん
  ヤーク ハイBeeミークワームスックナ」
 (Beeを幸せにしてやりたいんだよ)
は「ジャ マン シ」
 (じゃあ、婚約しちゃいなさい)
わ「ダイロ」
 (いいの?)
は「ダーイ」
 (いいよ)

涙がこみ上げてきた。

わ「ジャ ローンハイナ」
 (じゃあ、これから泣きますんで)
は「マイトン ローンハイ」
 (泣かなくていいから)

もう最後の方は声が震えていた。
ほんとに飛行機で飛んで、
チェンライでBeeを待ちたかった。
いや行かせたくなかった。
ずっとそばにいて欲しかった。
そばにいてくれるだけで幸せだった。


でも最後にBeeの声で

「ラック」
(愛してる)

が聞けたのでだいぶ救われた。
しばらくこれで耐えられそうだ。


次は今学期が終わったら、
またBeeが来る。
それまでにもっとタイ語と中国語を
勉強しておこう。
この想いを完璧に伝えられるぐらいに
がんばろう。

ハッピーメール


出会い系サイト攻略マニュアル!かわいい彼女と付き合いたいならまずはコレ!

posted by 新井広大 at 16:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月26日

ソイカ・シャーク:サーイ一応終章

★出会いはここから始まる★




いよいよ激務週間の序章が始まった。
2日ほどはいいのだが、
そのあとから9時〜22時、13時間勤務。
計6日間。
シャーク遊びも控えないと、
仕事にならん。

という訳で、昨日と今晩が、
ひとまず遊び納め。

昨日はそうそうに仕事を切り上げ、帰宅。
のんびりしてから、
8時ごろシャーク出勤。
おまけの一人が

お「今日はサーイ来てないよ」

。。。あのさっき後姿見かけたのですが。。。

わ「ヘンレーオ」
 (もう見たよ)

とこたえたら笑ってた。
どんなしゃれだ?
当のサーイは
15分ぐらいして2階から降りてきました。
今日は自前で40バーツのハイネケンを持ってきている。
ガットも。
しばらく1階でうだうだして
その後2階へ行ってビリヤードしながらうだうだして
ママさんをからかったりして
でもからかいがマジ話になって
サーイとママさんペイバー、
おまけも自分でペイバー代払ったのか、
&もうひとりお友達
一緒にパタナカーンのイサーン風ディスコ
5人でウイスキー飲んで飯食って、
踊って飲んで写真撮って、
途中から、明日やばいかもと思いながら、
でも飲み続けて、
そろそろ帰るかということで
再びシャークに戻り、
ここも閉店間際のイサーン曲攻撃で
また踊り狂ってる。

いつの間にか、
友達感覚になっている子が増えているもんだなぁ。
何をするでもなく、
毎回ドリンクおごるってわけでもなく、
(ガムあげてたりするけど)
たまに飯をみんなで一緒に食いにいったり、
店員価格のウイスキーやビールをおごったり、
で楽しいひと時を過ごさせてもらえている。
サーイともそれの延長の関係でいいのかなぁ。

とりあえず、今晩シャークいったら、
しばらくはいけない
(いや、たぶん行くだろうが、ビール2〜3本飲んで
速攻帰宅パターンだろう)
11日か12日(タイの母の日?)に
サーイ一家との食事に招かれている。
その後、私はチェンライへ心の洗濯へ。
サーイは友人の結婚式&休暇で、
16日から田舎へ帰るようだ。月末まで


会えない時間で愛が育てられるのか。
はたまた風化していくのか。。。


!ていうか、だったら

山の子が下りてくるときはサーイは
イサーンの田舎ですか。
とりあえず、心配事がひとつへったのはよしと。


でしばらく店にもいけない、
サーイにも会えないわけで、
なんかちゅうぶらりんな気持ちのままで、
そんな日々をすごすのがきつそうなので、
なんとか、関係を落ち着かせる適当な言葉を
みつけなきゃと思っていた。

シャークに行くと、
今日はサーイ1階でガットらと談笑中。でダンス。
でダンス交代でこちらに来る。

サ「2階の方がビール安いから2階に行こう」

で2階へ移動。
でビリヤードやったり友達と話したり、でペイバー。
でも移動せずにそのまま2階でビールを飲む。
どうやらサーイの友達がシャークまでくるらしい。
1階に移動。
でしばらく飲んでいると友達来店。
10年来の友達らしい。
でその友達とガットも一緒に、ディスコへ。
しばらく遊んで、ガットが帰るのをきっかけに
お開き。再びシャークへ移動。
今日も閉店までの勢い。

わ「プアンカン、プアンサニット、フェーン、
 (友達、友達以上?、恋人、
  アンナイ ディークワー?」
 (どれがいい?)
サ「。。。プアンサニット ディー クワー」
 (。。。友達以上かな)

答えはなんでもよかった。
フェーンといわれたらフェーンになるつもりだったし。
でも、プアンサニットでなんだかほっとしてた。
このままの関係で、
一緒に遊びに行ったり飯を食いにいったり
するぐらいが、このサーイとは
ちょうどいいのだろう。
さすがに今までと同じペースで遊びには
いけないだろうが。

。。。恋人探しは難しいもんですね。。。

さて、シャークサーイとの関係は
一応落ち着くべきところに落ち着いたので
(まだまだつづいているが、と思うが)

この先いろいろ変化もするでしょうが・・・。

★出会いはここから始まる★


posted by 新井広大 at 14:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月25日

ソイカ・シャーク:サーイ11

パチンコ・パチスロ、最強の無料攻略法はここにある!
30秒でお申し込みも完了、あとは貴方が勝つだけです。




水曜日。
今日、明日は5時過ぎには仕事が終わる。
激務前の最後の楽園。
仕事が終了しサーイに電話。

サ「タムアライユー タムガーン ロ」
 (何してるの?仕事?)
わ「ジョップ レーオ」
 (終わったー)
サ「ジャ パイ タムガーン ナ」
 (じゃあ仕事行くね)

仕事に行くことは確認できた。
で、いい時間になるまでMixiと、
タイカラオケの曲を仕込んで、
8時ごろシャークイン。
が、サーイいない。
ウエイトレスがよってきて

ウ「ユー カンボン ナ」

上にいると。
何してるのと聞くと、
ビリヤードやってるそうです。
上に行ってみると、
サーイとガット、ビリヤードやってます。
普段着で。
今日は働かないのか?

サ「ワンニー ラーン ケーオ ナ」
 (今日は、皿洗い)

本当なのか冗談なのかよくわからん。。。
今日は客が少ないから働かないのか?
ほかにも3〜4人そんな子たちが、ふらふらしてる。
で一緒にビリヤードなんかしてみたりする。
でガットが思い出したように、
2000バーツを持ってくる。
サーイに言われたのかどうかは
わかりませんが、しっかり貸した金を返してきた。
で、しばらくするとサーイのお友達が来店。
その弟?も一緒に。
明日からそのお友達は踊るようだ。
4年ぐらい前までナナで踊っていたようだ。
で、サーイ今晩は、そのお友達
イサーンから出てきたばっかのようなので、
その子と一緒にいるようだ。
で、サーイから

サ「ユーム タン ノーイ」
 (お金貸して)

話を聞くと、
その子と弟は明日アパートを借りるようで、
(げっ!アパートのデポジット代貸せってくるのか)
今日は寝るところがない(サーイの家でも
いいんじゃないの?)
ホテルに一緒に泊まるので、
お金貸して欲しいとのこと。
もっといろいろ説明してくれていたようですが、
私の乏しいタイ語能力ではここまでが理解の限度。
お金にはしっかりしているので、
ガットからきた2000バーツをそのまま貸す。

サ「マイチャイ コー ナ、ユーム ナ」
 (もらうんじゃないからね、かりるんだからね)

と念を押された。

サ「ジャ ガッバーン ナ」
 (じゃあ帰るね)
わ「タンマイ」
 (なんで)
サ「ジャイ タン ヨー マイディー ナ」
 (お金いっぱい使うのよくないよ)

とはいわれても、まだ10時。
帰っても寝れないし〜。
と駄々をこねていたら、
一軒だけねということでまたカラオケへ。
今日はサーイ、ガットとも出勤扱いではないよう
なので、ペイバー代いらず。

でまたもや歌って踊って、
今日は仕入れてきたPOTETOのピアングポーを披露。
・・・
が付け焼刃はいけませぬ。
30点ぐらいのでき。。。不覚。復習せねば。。。

サ「プンニー マイパイ タムガーン」
 (明日は仕事行かない)
わ「タンマイ」
 (なんで)
サ「メー マー ナ」
 (お母さん来るの)
わ「チン ロー」
 (ほんと?)
わ「ヤーク ジューカン クンメー ナ」
 (お母さんに会いたいなぁ)
サ「チンロー 、クライクライナー、
 (ほんと?遠いよ。タクシーで1時間だから)
  ナン タクシー ヌンチュアモーン」

わ「マイペンライ」
 (まぁきにせんといてください)

で、合ったらワイしろだの、一緒にご飯食べようなど、
と話をして、お開き。

ガットとの恋が終わるちょっと前ぐらいから、
サーイ本当にいい子っぽくなってる。
ただ、それがフリなのか本当なのかが
今の私のサーイを見るめがねでは
見分けられない。
この日のやりとりも、
よく考えれば、サーイが仕立てた
巧妙なシナリオかもしれないし。
別に結婚願望があるわけでもない、
お金をひきだせるだけ引き出そうとサーイが
しているわけでもない(と思う)ので、
このままで全く問題はないのですが。。。

今日は、一応電話して、
飲みに行くだけかな。。。
明日あたり、ひとつ山を越えるかもしれません。


★出会いはここから始まる★







posted by 新井広大 at 16:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月24日

ソイカ・シャーク:サーイ10

ラン島からバンコクに帰り、
ぎりぎりで出社した後、
サーイに電話。
そのとき、明日(火曜日)はマイトンマー
(これって来なくていいよなの?それとも
 来るな!なの???)
といわれたのだが、
来週以降のことを考えると、
今週は全出勤としたいところ。
一応、火曜日サーイに電話してみる。

サ「ワンニー マー ループラオ」
 (今日は来るの?)
わ「パイ ネーノーン」
 (もちろん行きます)
サ「ディオ ジューカン ナー」
 (じゃあとで会おうね)


・・・マイトンマーってどんな意味?・・・

で、仕事終了後9:30頃シャーク訪問。
サーイの姿見えず。。。
もうペイバーされたのかな???
と思いつつ、おまけとお話
(このおまけは出会った頃、シャーク行く度に
かっぱえびせんで餌付けしておりました)
そこにガットも加わる。
おまけは、サーイはじき来るよといってたので、
それですっかりペイバーされてショートで戻ってくると
思っていました。
あぁ、この予定があったから、マイトンマーだったのかと理解。。。
が、ほんとに30分ぐらいで目の前にサーイ。
しかも仕事着。。。
あれ?ペイバーされてたんじゃなかったの???
と思いきや、反対側の席で客についていたようです。
がすぐに新しいなじみのお客がご来店。
あっち行くねとジェスチャーしてそちらへ。
こちらもしばらくおまけやガットと話をしておりました。

しばらくして、サーイが戻ってくる

サ「ワンニー パイティアオ マイ」
 (今日は遊びに行く?)
わ「レオテー クン」
 (あなたしだいです)
サ「・・・」

でまた戻っていく。
おそらくあちらでペイバー交渉に入ったのでしょう。
また戻ってきて、ガットとおまけも一緒にいい?
ときた。
給料日で気持ちも大きくなってたのか、
OK。即答。
で3人ペイバー。
2人は飛ぶように2階へ着替えに。
サーイが、

サ「ミー サタン マイ」
 (お金あるの?)

と。
ここ数日、やけにお金はあるの?と気にかけてくる。
土曜日にガットに2000バーツ貸したときも
貸しちゃダメとあとで怒られたし、
毎晩遊びにいっちゃダメとも言われるし、
お金をたくさん使うのはあまり好きじゃないとも
いってくるし、
その分、私に払えってことなのか?

まぁ、ともかく3人を連れて、定番のカラオケへ。
で歌って踊って、途中から
ガットの男友達も2人加わり、
総額1200バーツ。
2000バーツをサーイに渡すと、
ガットなら800バーツはそのまま
かばんの中に消えてしまうのだが、
きっちりおつりを1バーツ残らず返してくる。

サ「ワンニー マイパイ ドゥワイ ナ」
 (今日は一緒に行かないからね)

でタクシーまで送ってくれる。
なんだか切なくなってくる。

サ「プンニー マイトン マー ナ」
 (明日は来なくていいからね)

まただ・・・。

@他の客につけなくなるから来るな!
Aお金使わせたくないから来なくていいよ

まぁ今の感覚だと@が強そうなのだが、
Aがちらほらどころか、かなり見えてくる。

とりあえずおとなしく帰るしかないので帰る。
家についてポケットを探る。

・・・!





家の鍵、会社に忘れた・・・。


一人でホテル泊。
せつない・・・。




posted by 新井広大 at 16:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月23日

ソイカ・シャーク:サーイH

雨と雷の音で目を覚ます。
部屋を見ましても誰もいない。
一瞬、今自分の部屋にいるかのような錯覚。
でもすぐにラン島の薄汚いコテージだと認識。
サーイとノーイは他のコテージで友人達と話しているのか
飲んでいるのか、
カードしてるのか、
寝ているのか、
よくわからない。。。
子どもと一緒に暮らしているので、
いつも部屋に来ても朝までは一緒にいられないので、
今日は横でずっと寝られると思ってただけに、
ちょっぴり残念。
外に出て、雨を眺めて一服。
まだ眠いということに気付き、
再びベッドにもぐりこむ。午前4:00。

サ「ガップ マー レーオ」
 (もどってきたよー)

の声で再び目を覚ます。
外はすでに明るい。
時計を見ると朝8:00過ぎ
サーイを見ると昨日洗濯したものを
しまい込んでいる。

チ「パイ クルンテープ ガップ ウワン ナ」
 (バンコクにいっしょに戻るね)

この後の予定はよくわからなかったが、
昨日、月曜日午後から仕事だから先に帰るということは
伝えてあった。
聞くと、朝飯を食べて、それからラン島のどっかを
観光して夕方ぐらいにバンコクに戻るような
予定らしい。
が、サーイはつまらないのか、
一緒に帰るという。
慌てて飛び起きて片付けて
朝食へ。
明け方降っていた雨がまた降り始めてきた。

が朝食を食べ終わっても一向に出発する気配がない。
まぁ、港までの車もきていないのですが。
観光組みの車にのっけてもらって、
途中港におろしてもらうことになっているのですが。

9時半ごろ。
ようやく車到着。
サーイはバイクを返すため、一足先に港に向かう。
私は観光組とともに車に乗り込む。
でようやく車出発。
この調子だと10時ちょい前に港着。
10時ぐらいの船でパタヤに渡り、
バスターミナルまで移動。
11時くらいのバスで帰れば1時半ていえば
エカマイバスターミナル到着で
十分仕事には間に合うはず。
とのんきに構えていたら、
港に向かうはずのソンテウが山を登り始める。
ん?と思っていると、
くるとき来た港とは別のビーチにソンテウが到着。
???と思っていると
もう一人、ファランの客がパタヤにいるから、
そこに行こうとしていた子が
私を促して、そこにいたバイタクを捕まえて、
来たときの港へ急行。
20分ぐらいのロス。
10時発のパタヤ行きの船は無理。
案の定、港到着は10:10頃。
サーイは捕まえたものの
船の姿はない。
次の船の時間を聞くと
12:00

!!!

12:00だぁ〜!?
どんなに急いでもパタヤ発のバスに乗れるのは
1時過ぎ、
バンコク着は3時過ぎ。
間に合わない。タクシーでも厳しいだろう。
がっくり肩をおとして沈んでいると、
サーイ大活躍。
その辺を聞きまわり、
今すぐ出してくれる、
スピードボート(2000→1500Bに値切る)
と同乗カップル2人を連れてきた。

ラン島に来て唯一楽しんだアクティビティといってもいい
そのスピードボートでのパタヤ行き。
サーイともう一人は、
船がはねるたびにキャーキャーいってました。

10:45ラン島発、11:15パタヤ着。
でタクシーを探す。
なかなか来ない。
時間ばかりが過ぎていく。

30分後11:45タクシーをようやく捕まえ、
バンコクへ。
パタヤを抜けるまではプチ渋滞で、
どうなることかと思ったが、
ハイウェイに乗るとギュンギュン飛ばす。
なんとかなるかな。。。
と一息ついたら眠くなる。

2:00オンヌット着。
ここでラン島から一緒だったカップルとお別れ、
サーイも家に帰るのでお別れ、
急いでBTSに乗り自宅へ。
自宅着2:10
シャワー浴びて、
遊びの荷物と仕事の荷物を入れ替え、
自宅を出たのが2:35
エカマイでバイタク捕まえて、
会社の前到着が2:50
なんとか間に合った。。。
スリリングな数時間を過ごしたためか、
酒はだいぶ抜けていました。

が、

代わりにサーイが
思考と心の大部分を蝕んでくる。
おそらく40時間近くずっと一緒にいて
それがなくなったことによる反作用だとは思うのですが、
月曜日はシャークが休みだから
会いにいけないと思うと、
ますます会いたいと思う気持ちは強くなる。
人間の心はよくわからない。
サーイの気持ちもよくわからない。
ガットの気持ちもよくわからない。




posted by 新井広大 at 16:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月20日

ソイカ・シャーク:サーイG

ここまでアルコール以外の水分といったら、
ラン島に渡る前のパタヤで飯を食うときに飲んだ
水1杯。
全身くまなく適度なアルコールに満たされている。
ソムタムプラー以外は一通り出されたものにはしをつけ、
(かきうまかった〜、えびも、ホテルの料理はイマイチ)
ビール、ウイスキーは率先して飲み、
幸せな一時。
時間がたつにつれ、
まだまだ食べ続ける人、
あっちへふらふら、こっちへふらふらする人、
横になる人、寝込む人、
部屋に戻って本格的に寝る人、
そして、私のように飲み続ける人と
それぞれかって気ままに。
そういう私も眠くなってきたので、
近くにあったハンモックで小1時間ほど仮眠。
海辺の木陰でハンモックに揺られ、
そよ吹く風の心地よいこと。
十分熟睡可能。

が、せわしなさが身についているのか、
目が覚める。
見ると、人数も半分ぐらいになっているか?
時間は午後5:00ぐらい。
一人にレンナームと言われ、
そのまま海まで引っ張っていかれる。
波打ち際のところでふと止まり、
すかさず、その子に脚払い。
見事決まり一本。
むきになって無謀にも私を倒しにかかってくるが、
やはり無謀です。。。
2〜3度さらに脚払い。
しょうがないので、自ら海にダイブ。
あーあ、せっかく水着持ってきたのに、
やっぱり普通の服で泳ぐのかい。。。
10分ぐらい、久々に泳ぎました。
高校時代水泳部、大学時代はスイミングスクールで
インストラクターもしていたので、
泳ぎはまぁ酔っ払ってても、服着てても、
相当疲れてても、
なんとかなります。
50メートルぐらい沖まで泳いでいくと、
後ろの方で、

お「およげなーい!」

と。
だったらついてくるなよ〜。。。
で、その声に引き戻されて、
海から上がりました。

サ「パイ アップナーム シ サック パー ドゥアイ ナ」
 (シャワー浴びてきなさい。洗濯もね)

アップナーム兼洗濯を済まし、
元の場所に戻ってもまだまだ5〜6人飲んでます。
傍らで2〜3人死んだように眠ってますが。。。
しばらくすると、今度はサーイが

チ「パイ レンナーム」
 (水浴び行こう)

といって海に入っていく。
シャワー浴びて、着替えてきたばっかだったので、
私は陸で鑑賞。
背は小学生みたいなんですが、
泳いでいる、、、というより、
海にもまれている姿も小学生。。。
しばらく海を堪能すると、
寝ているノーイをたたきおこし、
アップナームだそうです。
とことん自分を中心に世界を回しています。

1時間ほどで、
シャワー権洗濯権着替えを済ませて、
2人が戻ってくる。
そろそろ夜の部のスタンバイのようです。
バイクで2〜3往復して、
ビアリオ3箱仕入れ済み。
ウイスキーはどこから湧いてくるのか、
常に2〜3本は視界にあります。
食い物はホテルの夕食なのですが、
もう固形物はいらない。。。
夜の部はカードゲーム部が大盛り上がり。
がサーイもノーイもあまり興味ないらしい。
それより、先ほどからセッティングされつつある
カラオケ機器に興味津々。
私もギャンブル好きですが、
ルールのよくわからないゲームに参加するほどではない。
でカラオケセッティング終了するやいなや、
モーラム、タイポップ、ヒップホップで
異様に盛り上がるダンスホールの完成。
サーイは時間の3分の2ほど
マイク握っているか、踊っているか。
で疲れてくると、こっちに戻ってきて、
べたべた甘えてくる。
踊っている最中もこっちへ来いと
しきりに私を手招きするので、
一応行くことは行くが、
5分ほどで戻ってきて、一定のペースで
ビールを体内に注いでいた。
体の中のアルコール濃度が
適度な状態のため、非常にけだるく
またそれが心地いい状態。
これ以上のペースで(一気なんてもってのほか)
アルコールを摂取したり、
過剰な運動で血流を早めたら、
倒れます。
だから波の音をバックに
サーイたちの歌を聞き、
踊りを見、
ビールを一定のペースで飲み続ける。
これが至福。

気がつくと、深夜1:00
5時間以上もそんなときを過ごしていたようです。
何か時間の流れが一定ではない。
酔っ払っているのと、
この何もない島にいるのと、
やっぱりタイだから。
屋根のない広場に場所を移し、
(カラオケは撤収されるようです)
ビールを飲み続ける。
パタヤの街の上に輝く月が美しい。
その光を煌々と湛えている海もまた美しい。
なんて柄にもないこと思っていたら、
どうやらうとうとしていたらしい。
サーイに

チ「部屋で寝たら」

と言われ、何も抵抗することなく頷き、
そのまま一人で部屋へ。
ベッドに倒れ込んだ瞬間からの記憶がない。。。


posted by 新井広大 at 20:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2007年10月19日

ソイカ・シャーク:サーイF

パタヤにはついた訳だが、
なかなか船に乗り込まない。
出発時間を聞くと、10:00
まだ1時間以上ある。。。
その間に買い物と腹ごしらえ。
ラン島に行くとアライコペーンだというので、
目の前のセブンイレブンへ。
コンビニは価格同じと思いますけど。。。

帽子忘れたといって、
売られている帽子を1個1個、
かぶってみては確認しているサーイとノーイ。
似合うかと聞いてくるので、
こっちの方がいいとおばちゃん帽子を渡すと
笑いながら怒る。
ん〜買い物に行ったりはあまり好きではないが、
こういうのはいいかも。
で、ようやくお気に入りが見つかったようで、
これがいいといったやつを買うことに。

でノーイは、、、
手にしていた帽子をもとのところに戻す。

サ「ノーイ お金ないから買ってあげて」

お前が言うなと心の中で突っ込んでおいて
いやもともとそのつもりだったのだが、
なんだかいろいろ考えさせられた。

酒はもう大量にあるようだ。
だから我々は買うことなく、、、
って、他の子が大量に仕入れてる。。。
買い占める気だろうか。。。
何人分、それ一体。。。

で、外では他の子たちが、
えびやらかきやらかにやらイカやらも
大量に仕入れ中。
あちらでBBQやるそうだ。

で、買い物も済み、
果物やお菓子やらの屋台での買い食いも済み、
出発までサーイとノーイは木陰でうとうと。
そのへんをうろうろして戻ってくると、
出発の時間。
車に乗り込み桟橋の先っぽまで。

船に乗り込み座席を確保、
右にサーイ、左にノーイ。
で2人とも寝やすいポジションを確保して睡眠開始。
サーイも何度か頭の位置を変え、
寝やすいポジションを模索、
やっと落ち着く場所をみつけたのか、
動かなくなった。
まぁ、到着するころ、
私の腕と肩がしびれていることは
間違いない。。。

でも、私もうとうと。。。
。。。
。。。
。。。
小1時間ほどたったでしょうか。
遠かったラン島が目の前に。
見れば見るほど何もなさそうな島。
ゴーゴーバーとか絶対ない。

で、到着。
桟橋に上陸し、
歩いていくと、
バイタクのにいちゃんたちが
ヘイヘイと声をかけてくる。
ん〜観光地。
こういうの久しぶり。
で泊まるところはここからまだまだ行くようです。
5分ほど歩いてソンテウのとまる道路にでた。
でソンテウに乗ること10分。
今晩とまるホテル、、、もとい、
民宿?、、、もとい、
避難所、、、とりあえず雨風はしのげそうな
コテージ風の掘っ立て小屋に近い建物のある
なんちゃらリゾートに到着。
まぁ、泊まるところにさほどこだわりはないので
私はいいのだが、
女の子の何人かは、
前にママさんと来たときのほうがずっとよかったって
ブーブーいってた。
なにはともあれ、
泊まる部屋も決まり(サーイ、ノーイ、私)
落ち着いたところで、

大宴会スタートです。
とはいっても、あちこちで勝手に盛り上がる
ような感じ。
向こうでカードゲーム(もちろん賭けトランプ)
に興じるグループもあれば、
食に走るグループもあれば、
といった感じで気の合う何人かが
集まってそれぞれ勝手に盛り上がっています。
で我々のグループはサーイら総勢8名ぐらい。
とりあえず、ウイスキーはあるけどビールはこっちで
買うことになっていたらしく、
サーイが女の子たちからお金を集めてます。
で私からはレンタルバイク代を徴収していった。
でサーイがビールを買いに行っている間に、
ホテル?の昼食も用意されてきて
(まぁ、ビュッフェスタイル?の)
BBQのシーフードも続々焼き上げられ、
ウイスキーで早々に盛り上がり始めました。
でサーイがビール1箱とソムタムプラー3袋、
などなどとともに帰還。
さらにヒートアップ。



posted by 新井広大 at 15:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月18日

ソイカ・シャーク:サーイE

サクラ・ヤラセ一切なしの本物の出会い!ハッピーメール



シャークパタヤ慰安旅行に同伴決定。

AM3:00パタヤへ向けて出発。



さて、宴は土曜日夜8:30スタート。
ハッピーアワー終了ぎりぎり
(いや、微妙に過ぎてる)
入店、でウェイトレスが

ウ「ギークワット?」
 (何本?)
わ「???」

確認すると、ハッピーアワーの価格で何本たのむか
聞いてたみたい。で、

わ「2 クワット」
 (2本)

・・・控えめ?


確か、店に入るとき、
サーイがちょうどすれ違いでペイバーされて
外に出て行く瞬間にばったり遭遇。
そこでのサーイの言い訳。。。

チ「(タイ語でなんていっていたのか忘れたので日本語)
  家に帰って、荷物取って来るから、まっててね」

すぐ後ろからファランが着いてきているのに。。。
まぁ、

「これからこのおやじファランとやってくるからね」

と真正直に言われても、どん引きだろうが。。。
何はともあれ、私も一泊の荷物、、、着替えの短パン、
Tシャツ、水着ぐらいですが、持っていたので、みんな

「あなたも行くの?」

とおもしろがって聞いてきました。

わ「ヤン マイルー」
 (いやまだわからん)

小3時間?程でサーイご帰還。

わ「レン プール マイ」
 (ビリヤードする?)

ガットは前プールバーで働いていたので、
まったく相手にならなかったが、
サーイは下手くそだったので、
遊ぶにはちょうどいい。
友人やガットともビール飲みながら、
何ゲームかプレイ。
1:00過ぎ?2時前?ぐらいに1階に再び降りてみると、
流れる曲はほとんどタイポップス。
女の子ははじけてる。
ママさんもはじけてる。
こっち来いと手招きされ、
わたしもはじけさせられる。
お休み前ではじけてます。
で3時前ぐらいに営業終了〜。
スクンビット通りに止められた大型バスへ移動。
総勢30名ぐらい。行かない子の方が多いみたい。
参加費が女の子は300バーツとかいってました。
私は1500バーツ。。。
交通費(あとで大どんでん返し)と宿泊費、
3食と最低限の飲み代込み込み。
HISのツアーよりは安い。

20:30からビール、ウイスキーのみ続けて、
そろそろ微妙におねむ、
ですがそう簡単に寝させてはもらえない?
バスが出発する前からすでに宴会スタート。
バスの前半座席はおとなしく寝ている組?
バスの後半座席は騒がしくはっちゃけちゃってる組。
・・・
当然サーイに後半座席に座らされる。
隣はサーイ。
あとで飲もうと店(シャーク)で1本40バーツで
仕入れてきたハイネケンなんぞは、
ものの1時間としないうちに全て終了。
仕入れたときは

サ「ウアン(私の愛称)が5本で私が5本」

なんてかわいくいってたのに、
バスに乗りこんだ瞬間、
周りにふるまいハイネケン。
まぁ、ハイネケンが終了すると、
他の誰かが仕入れてきたウイスキーで
宴会もヒートアップ。
走るバスの中で踊り狂っております。
飲みまくっております。
こぼしまくっております。
正気になったときのバスの中は相当酒臭いに違いない。
どこをどんな風に走ってるのかなんて
全くわからん。

いつの間にか寝ていて、
気がついたら、なんか大きなお寺の前に停車中。

サ「タンブン しにいく?」

が、寝ぼけていた私はそのままバスの中にいることに。
が、結局別の子等に引っ張られお散歩に。
相当、でかい寺。
そういや今日はなにか仏教関係の祝日。
サーイもこれで結構、
その手の信心深さは持っている。
こういうときはこうしろああしろと、
結構教えてもらった。
あまり役には立たないけど。
近くを流れる川で魚を見て、バスに戻る。

でまたうとうとしていると、
なにか見覚えのある場所でバスが止まる。
左手にはハリウッドのパクリのような文字が
山肌にPATHAYAと踊っている。
右手には、ウォーキングストリートへの入り口。
パタヤタイの船着場に到着のようです。
行き先の詳細なぞ聞いてはいなかったのですが、
どうやら行き先はパタヤの先の、ラン島。
ちょっと夜サーイたちをまいて、
ゴーゴーバービヤと遊んでみようかな
というちょっとしたオイタも夢と終わった。





posted by 新井広大 at 16:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月17日

ソイカ・シャーク:サーイD

夜10時ちょい前ぐらいにシャーク入り。。。
で空いている席に落ち着くと、
目の前でガットとサーイが並んで踊っている。
。。。
。。。
。。。

どうせいと
。。。

しかもなにやら2人で楽しそうに会話している。

。。。
。。。
。。。

何はなしてんだ。。。

とりあえず、興味のないフリしてテレビ観戦。
で、ダンスチェンジ。

2人でこっちにきやがる。
頭の中は???で一杯。。。
で、私の隣にサーイその隣にガット。
で、サーイがしきりに、
何か話せ話せとつついてくる。
お前は一体何がしたいんじゃ、
と思ってると、ガットが

ガ「サバイディー ロー」
 (元気なの?)
と先制打。


わ「キット ワー」
 (多分ね・・・)
何か2人でうけてます。。。

で、ビール飲んでもいいとサーイが言ってくるので
ビアリオ2本100バーツ進呈。
そこへ事情をよく知ったウエイトレスも来て、
ガットと私に指きりのようなことをしろと
ジェスチャー。
仲直りしろとでもいいたいのでしょうか。
別にこちらは喧嘩したつもりもないのですが。。。
素直に指きり。

そこらあたりは一緒に飯食いにいったりもする
仲良しグループなので、
シアチャイレーオといっても、
いつまでも別々というわけにはいかないのでしょう。
なので、サーイもガットをいろいろ
ほぐしていたのだと、
勝手に解釈。
そんなみんなの気持ちにも感謝。
4人で楽しく仲良くビアリオ6本(いつの間に・・・)
飲んでいた。
でちょうどリオが終わるころ

サ「もう踊りたくない(正確になんていったのか覚えて
  ないので日本語で・・・)」

と初めてペイバー要求。
素直に財布から1000バーツ出した。
でガットはおつりの500を自分のチップに
していたが(だからできるだけ500バーツ札を
財布に入れておいたのですが)、
サーイはきちんと500返す。
まぁあたり前といえば当たり前なのだが、
わたしそのあとショート1500とかロング3000とかの
チップは忘れる(爆)こと多い。。。

サーイは付き合いも長いので、
わたしの懐事情もよく理解している。
お金のことは一切いってこない。

サ「今日は遊びに行きたいけどお金あるか?」

とは聞いてくるけど、

わ「ディスコは厳しいけどカラオケなら」

と言えばカラオケで満足するし、
きっとガットから、
こいつは金ねえよとか金払わないよとか、
いろいろ愚痴られているに違いない。

で服を着替えてきたサーイ。

チ「パイナイ?」
 (どこいく?)
わ「マイルー」
 (知らん)
チ「キン カオ リヤン」
 (ご飯食べた?)
わ「ヤン ヒウ マーク」
 (まだ、そういや腹減った)
チ「ジャ パイ キン チムチュム ガップ プアン」
 (じゃあチムチュムでも食べに行く?友達と)
わ「カイ」
 (だれ?)
チ「○○(知らない名前、そもそも顔はしっているし、
 話も今までたくさんしてるけど、名前知らないやつの
 ほうが多い) □□(私) ルージャック」
わ「???」

で、2階に上がって友達連れてくるサーイ。
おぉ!知ってる知ってる。ソンクラーンのとき
水かけて遊んだ子だ。
&外へでて、偶然なのか、サーイのお姉さんか
友達か、バカラで呼び込みをやっている子を
サーイが見つけ、

チ「ピーサオ ドゥアイ ダイマイ?」
 (おねえさん一緒にいい?)

・・・って、バカラは鬼門なんですが。。。
一応、さっと見回して、Bee(以前かなりお世話に
なった子)がいないのを確認して

わ「ダーイ」
 (いいよ)

で、その方(あとで同い年と判明、みえねーっす)
も着替えて4人でラチャダー ソイ3へ。

が、人気屋台なのか、席が一杯。。。

で、ラマ9をずっと行ってプラカノンの方へ
ちょっと折れたところにある「トントン」という
ちょびっと洒落たタイ料理屋へ。
4人がけのテーブルに
向こう側にピーサオとソンクラン娘が並び、
わたしとサーイがこちら側という配列。
屋外だが、床がデッキになっており、
手すりで囲まれた向こう側は池?というか水溜りというか、
水場になっており、ちょっぴりいい雰囲気。
タワーのハイネケン(ピーサオは子どもがお腹に?のため
水)牡蠣の料理(めちゃ辛)カオパットクン(えび入り
チャーハン)きのこ入りの辛いスープ?、魚の蒸し煮1匹
なかなか美味!
1000バーツ。
でそろそろお開き。
サーイ以外はどこに住んでいるか知らないが、
ピーサオがタクシー、でソンクラン娘も別のタクシー
でサーイは、

チ「ワンニー パイ ドゥアイ ナ」
 (今日は一緒に帰ろうね)

はい、そうですか。。。
で、帰宅。
ベッドでひとしきりいちゃついて、

わ「チョープ ポム マイ?」
 (俺のこと好き?)
チ「チョープ」
 (好き!)
わ「ラック ポム マイ?」
 (愛してる?)
チ「ラック」
 (愛してる!)

直球投げましたが、まぁどちらでも
そう返してくるでしょう。
もうちょっと突っ込んだ会話が必要だ。
。。。
。。。
。。。

もっとタイ語はなせるようにナリテー!!!

わ「アンニー ハイ ルークサーオ ナ」
 (これ、子どもにあげて)

とぬいぐるみを手渡す

チ「ジン ロー」
 (ほんとに!)
わ「ロコ アンニー ハイ サーイ ナ」
 (そして、これはサーイに)
 
と2000バーツ手渡す。

チ「ワンニー ミー タン ロー」
 (今日はお金あるの?)

笑ってごまかす。

チ「コップン カー」
 (ありがとう)







posted by 新井広大 at 16:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月16日

ソイカ・シャーク:サーイC

気がつけば、毎晩シャーク通い。。。
でも、8月は本業(?)がメチャクチャハードで、
なかなか行けそうにないから、まっいいか。

日本でもそろそろ梅雨明けのころ。
バンコクは毎日のように、どこかのタイミングで
雨が降る。

思えば、1年前は、
日本でアルバイトに精を出していた。
某居酒屋チェーン店の新店オープン準備で
てんてこ舞いだった。
指の先っぽを切断なんていう
大怪我もした。
あれから1年。

午後9:30頃シャーク到着。
丁度、サッカー日本VSサウジアラビアの後半も
大詰めぐらいだったか?
ガットもサーイも見当たらず。
ガットはどうやら休みのよう。
サーイは2階でダンス中のよう。
・・・ていうか、今週は毎日2階じゃねえのか?
まぁ、マイサバイってずっといってるから、
ちょっと遅れて来ているのであろう。
それにしても、この前連れ出すまでは、
ほぼ1階で踊っている姿しか見たことないのに、
今週は全て2階とは・・・。
いつも9:00頃来ているみたいだし。。。
私の仕事終了時間は9:00か10:00だよと
話しはした。が、ねぇ・・・。
まぁマイサバイだからということにしておこう。
でも、本当に何も要求してこない。
作戦なのか、なんなのかよくわからない。
9歳と4歳の娘とピーサーオと4人ぐらし。
28歳。
かぜはだいぶよくなったらしい。
だが、昨日こけて足が痛いらしい。
日曜日と月曜日お店が休みらしい。
パタヤへ遊びに行くか?と聞いてきた。
わからないフリをした。
この店はよくお店の女の子を連れて
パタヤに遊びに行っている。
それに一緒に行くかといっているのか、
2〜3人で単純に遊びに行くかよくわからない。
わからないフリをし続けていると、
じゃあ、映画見に行くかといってきた。
まぁ、映画ならと思って、
頷いてみた。
がいつとか何の映画とかまでの話はなし。
してたのかもしれないけど、
頭の中はサーイの分析で、
サーイたち(おまけ28歳ピーノーイ)
が話しているタイ語に全く集中できず。
サーイが金ではなく
本当に私を愛してくれるのなら、
それに答えるのは別にやぶさかではないのだが、
イマイチよくわからない。
ビール2本とウイスキー水割り1杯飲んで、
2人をペイバー。
腹も減っていたので、
前にいったカラオケ屋で飯+ビール+かぜ薬+カラオケ
2時間弱滞在で、
ガッバーン。
私自身のかぜもちょっとやばめ

サ「ワンニー マイパイ ドゥアイ ナ」
 (今日は一緒に行かないよ)
わ「タンマイ」
 (なんで?)
チ「マイサバイ」
 (具合悪いの)

脚も痛そうにひよこ歩きになってたし、
自分の身のこともあり、
カオチャイレーオ(了解しました)。
途中までタクシーに一緒に乗って、
途中ソイカの入り口で2人が降りて、
あとは家まで一人。
その後2人がどうしたかは知る由もなし、
午前2:00ぐらいだったから、
店に戻って他の女の子が終わるのを待って、
それからどこかへ遊びに行ったかもしれない。
サーイは車で出勤してて、
それでソイカで降りて、車ですぐ家に帰ったかもしれない。

7月あと数回で結論が出るのか。
チャッキーが本気で私のことが好きなのであれば、
それにのっかてもいい。
私自身の気持ちは、、、
どうなんだろ?
半分は愛してるのかもしれない。
けど半分は同情心のような気がする。
日本でぬくぬく育った身からすれば、
過酷過ぎる境遇の中で、
それでも笑って過ごすことができる、
笑ってないと過ごせないのかもしれないが、
そんなつかみどころのないようなものに対する
同情心。

昨日友人に私のタイプは、
きれい系よりかわいい系?
っていうより見た目より性格重視?
といわれ、まったくもってその通り、
ずっと笑っているような子と答えたのですが、
補足するのであれば、
ずっと笑顔でいてくれるのだけれど、
時折、ふと寂しいような悲しいような顔をする、
その顔に自分はほれるような気がする。
山の子しかり、
ターイしかり、
ガットしかり、
このサーイもそんなところがある。。。

さて、どうしたものか。。。







DPアフィリエイトで高額収入

posted by 新井広大 at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月15日

ソイカ・シャーク:サーイB

夕方よりサーイから電話攻撃。

サ「タム アライ ユー」
 (何してるの?)
わ「タムガーン ユー」
 (仕事中〜)

一応まとまな社会人(のふり?)しているので、
当然午後5:00など仕事中。
マイサバイで寝ていたというサーイ。
いつも寝てるだろと突っ込み。
今日も仕事かと聞くと、
まぁ、当然行くと。
じゃあ、

サ「ディオ ジューカン ナー アイシテルー」
 (あとで会おうね、愛してる〜)
わ「コップンカップ」
 (ありがと)

タイ人に日本語でアイシテルー言われても、
なかなか心の琴線に触れてこないのは私だけ?
タイ語で言われたい言葉の一つ。

ともかく、そんなわけで、シャークに。
が、サーイの姿見えず。
また寝坊か?と思いながら、
なかのよいおまけたちと、
ビール飲んだりウイスキー飲んだり
でも翌日の仕事のこと考えて、
少々控えめだったりする私。
来ていないのか、上に居るのかもわからず、
かといってわざわざ上まで確認に行くのも
おっくうだったため、
そのまま小一時間ほど飲んで、
サーイ来なく、帰宅。

が、一応店をでて電話。
が出なく、ま、寝ているのかなと思い。
まっすぐ家路に。

スクンビットでタクシーを拾い、
我が家に向かう途中、
トンロー駅下、
昨日ここで飯食ったな〜なんて思っているところへ、
サーイより電話。

サ「ユーナイ」
 (どこにいるの?)
わ「ユー トンロー」
 (トンローだよ)
サ「タム アライユー」
 (何してんの?)
わ「ガッバーン ユーナイ」
 (家に帰ってる。どこにいんの?)
サ「ユー ラーン、カンボン、!@^%^@#*&!)」
 (店の2階!)
※作者注(後半、意味不明)

サ「マイペンライ ジューカン プンニー ナ」
 (いいよいいよ。明日会おうね)

とほぼ一方的にサーイがしゃべって
電話が切れた。どうやら2階で踊っていたようだ。

まぁ、いいや。

posted by 新井広大 at 17:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月14日

ソイカ・シャーク:サーイA


なんだか体調がいまいち。
ガットのジェップコーがうつったのか。。。
気管支のあたりまでちょっぴり痛い。

そんなわけで、シャークへいこうかどうか迷っている
夜9:00、もちろん、バリバリ仕事中。
携帯がなる。画面の表示は、、、

ガット?サーイどっち?


サーイだった。

サ「ワンニー マー マイ」
 (今日来る?)
わ「パイ」
 (行く)

。。。ん〜誘われると嫌といえない私の性格。
結局行くことに。
10:00に仕事が終わり、
タクシーでソイカ。
店に入ったときに、
ちょうどサーイもダンス休憩中。
すぐに隣に来た。

が、今踊っているメンツをみると、
サーイ今踊る時間なんじゃない?
聞いてみると

チ「カンボン ナ」
 (上で踊ってるの)

どうやら遅刻して上で踊っているようです。

わ「マー ギーモーン」
 (何時に来たの?)
チ「サーム トゥム」
 (9時)

。。。っておい!
仕事について即電話。。。

マイサバーイで2時間寝過ごしたようだ。
隣に座ってはいるものの、
以前のように何かおごれだの
ウイスキー買ってくれだの、
金出せだのはいっさい言ってこない。
逆に不気味。。。
で、ダンス入れ替え。
サーイは2階へ。

チ「終わったら戻ってくるね」
。。。
。。。
。。。

と、踊り終わったガットが隣に。
が、特に何かしゃべる風でもなく、
隣にちょっと怖い顔して座っているのみ。
これまた不気味。
何を話していいかもわからず、
とりあえず、

わ「ハーイ リヤン」
 (なおったの?)
ガ「ヤン ジェップコー ペンカイ アイ ドゥアイ」
 (まだ。のど痛くて熱もあって、せきがでる)

こちらもマイサバーイなご様子。
ガットの笑顔が好きだっただけに、
笑顔を見せないガットはなかなか正視できない。

そのうち

ガ「ヤーク ガッバーン ノーン ユーム500ロイ ノーイ」
 (家に帰って寝たい。500バーツ貸してくれない?)

ときたが、ここはがんばって踏みとどまり、

わ「マイミー」
 (もってないよ)

いがいにあっさり引き下がった。
で、どこかへ行ってしまわれた。
まぁ、きっとこれでよいのだろう。
お金払うためだけの人にはなりたくないから。

で、ダンスチェーンジ。
で、サーイ再登場。
なかなかこの後の展開が読めない。。。
きっとサーイもペイバーしろと言ってくるだろう。
ペイバーする金がないわけではないが、
一度はマイミー言っておこうと頭の中で思案していたら、
なんと、自分のお金で自分をペイバー。
また予想を覆す展開。
そうこうしているうちに
着替えたサーイ再再再ぐらい登場。
なんだか、一緒に出る雰囲気。。。

チ「キン カオ リヤン」
 (ご飯食べた?)

そういや、今日飯食ってない。。。

わ「ヤン ヒウ マーク」
 (まだ、腹減った)
チ「キン クイッティアオ マイ」
 (クイッティアオ食べる?)
わ「キン」
 (食う)

でクイッティアオ探し、、、、
が月曜日のため屋台出てない。。。
で、トンローの食堂まで行って飯。
ここで家に連れ帰ったらきっと。。。
大変なので一応ジャブ

わ「ジャ ガッバーン チャイマイ」
 (家に帰るんでしょ)
チ「チャイ」
 (うん)

おうちはラマ2にあるそうだ。
どうやって帰るかはわからなかったが、
とりあえず、タクシーに乗せてバイバイ。


さてこの先どういう展開になるのやら。。。
シャークを2人で出るときガットにも
しっかり目撃されているし
平穏無事でいられるのか
posted by 新井広大 at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月10日

ソイカ・シャーク:サーイ@

ガットとのことが終わっても
行く店はシャーク。
ちょうどサッカーAFCのオーストラリア戦が放映。
最後のPKしかみれませんでしたが。
ちょうど席からテレビの方を見ると、
都合よく視界にガットが入ってくる。
ので、サッカー観戦しつつ、
ガットも観戦。
向こうもちらちらこっちを見てくる。
が、こっちはサッカー観戦に夢中なフリ。
こっちきたら、仲直り代でコラーでも
おごってさしあげようと思ったが、
そんなそぶりは当然ない。。。
まぁ、ほっておくことに。




で、今日はハッピーアワーのビール2〜3本飲んで
早々に引き上げようと思っていたのに、
今までのおまけの1人サーイからウイスキーの差し入れ。。。
なんだか最近しおらしくなってきてる。なぜ?

お言葉に甘えて、ウイスキーを1杯、2杯、3杯・・・。
・・・

なんだかいつの間にか、
サーイと友人2人ペイバーして遊びに行くことになっていた。
初めはディスコといってたのだが、
お金ないよ〜といってたら、
ローカルのカラオケに行くことに。
タイのPOPsは有名どころを歌っていたので
なんとかのりについていけたが、
さすがにイサーン民謡まではちょっと。。。

ウイスキーと辛〜いヤムで2時間ぐらい?
なんだか、サーイがやたらとべたべたしてくる。
シアチャイレーオだよといってたら、
私もオックハックだといってる。
サーイの頭の中はようわからん。
酔っ払ってきたこともあり、
サーイのなすがまま。。。
いつの間にか唇まで奪われてしまった。。。

で、家まで来るとまで言い出す。
なんなんだこの展開???

で、タクシーに乗って、
途中で友人を降ろして、

やっぱり家まで来たのね。。。

で、お茶飲んで帰る
なんて状況でもないので、
しっかりやることはさせていただくことに。

・・・誰でもいいのか?

ちなみにペイバーとカラオケ代払っただけ。。。

解釈がむずかしいなぁ。。。
posted by 新井広大 at 17:27 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月09日

ソイカ・シャーク:ガット最終話!



週末金曜日夜。仕事後、シャークへ。
週末なら確認するまでもなくガットもいるだろうと
高をくくっていたが、ガット見当たらず。
と思ったら、柱の影で踊ってた。
が、やっぱりこちらへは来ない。
おまけばかりが来る。
しかもおまけもみんなすっかり酔っ払い。
ビールおごれだのペイバーしろだの
うるさいうるさい。
こっちはそれどこじゃねーっつーの。
が、そんなことはつゆしらず、
おまけ28歳はマオレーオマオレーオ連発で
28「ユーム 500バーツ」
 (500バーツ貸して)
わ「タンマイ」
 (なんで?)
28「ヤーク ガッバーン ノーン」
 (家帰って寝たい)
貸しても返さんだろ!と心の中でつっこんでおいて
しぶしぶ500バーツ。。。
めったに飲まないウエイトレス(番号失念)も
なんだか今日は酔っ払ってる。。。
で、ビールビールとうるさい。。。
仕方なくビアリオ2本分100バーツ(結局合計6本)
&ノムヤイ(おっぱいでっかい)が21日誕生日。
めでたしめでたしで、カノムケーキとウイスキーを
プレゼント500バーツぐらい???
&ハッピーバスデーの歌プレゼント

なんだかんだで、ガットそっちのけで
結構楽しんでしまった。
ガットも深夜にペイバーされたらしく
途中から見当たらなくなった。
なんだか、どっちでもよくなりつつ、
やっぱり、ここは遊びに来るところ
と頭のはじっこの方で再認識しつつ、
飲んで、盛り上がって、
やっぱり酔っ払って、
帰宅。

で翌朝、思い出したようにガットへSMS。
わ「ポム ラック クン マーク」
 (めっちゃ愛してるよ)

で待つこと2時間。
ガットより返信SMS
ガ「I not love you 」

こうはっきりいわれて逆にすっきり。
わ「I know. Can you be my friend? 」

すかさず返信

ガ「 I hope so... 」
わ「 Thank you so much. I want to enjoy drinking at
Shark bar with you」

で締めくくり。
ほんの儚い恋物語は幕を引いた。

何が食い違ってこうなったのかはわからない。
今となっては、サーイの差し金?策略?
とも考えられる(ガクガクブルブル)

それとも、やっぱり商売女とは擬似恋愛どまりなんでしょうか。
posted by 新井広大 at 11:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月08日

ソイカ・シャーク:ガット11

前回ペイバーより5日間、ガットと会わない日が続いた。

頭と心の中で、さまざまの新井広大が
せめぎあっている。


その1)ジャイディーマクマークな新井広大

「週末だし、G−Dairyに番号も載ったことだし、
きっとお仕事に精を出していることでしょう。
いっぱいペイバーされて、いっぱいお金稼げて、
田舎への仕送りもできるに違いない。
喜ばしいことではないですか。
まぁ、そうでなくても、おいらがお金ないと思って、
気を使って、呼び出してペイバーとか言わないんだ。
ペイバーして、飯食いにいったらそれだけで最低
1000バーツはでていくからなぁ。
きっと気を使って電話もしてこないのだ。ええやつじゃ」

このジャイディー新井広大を支持するのが、
もっとも心安く、自分も幸せでいれる(と思う)
この新井広大に勢力を広げて欲しいと切に願うが。。。



その2)ジャイダムな新井広大

「新しい客に股広げて、金も入って喜んでいるにちげーねー!
おいらのことなんか、最後の砦、いや最後の財布ぐらい
にしか思ってねーんだよ。
いいじゃねーか、そんなモロ好みってわけでもねーし、
いい機会だ、このままフェードアウトして切っちまえ!」

、、、これはゆくゆく私の身の破滅を導くに違いない。
以前の降臨したばかりの新井広大を彷彿させる大魔王かも。
これに力をつけられたら、今までのガットとの時間も
惜しいし、何より自分の身が持たない。
これ以上力をつけないことを切に願う。。。



その3)マイサバイジャイな新井広大

「なんで来てくれないんだろう。
なんで電話すらしてきてくれないんだろう。
おいらのことは好きではないのか?
おいらのことを愛してはくれないのか?
やっぱり金なのか?
金じゃないところでつながれたと思ったのに。。。」

こいつに心を犯されると、
全くたまらん。何事も上の空になってしまう。
だから、早々に駆除したいものだ。


などなど。。。
こんなやつらが次々に、
いや複数が異なった割合で襲いかかってくる。

全くどうしてしまったんだ。
でも、ある意味、意地になっていて、
電話で呼び出しあるまでシャークには行くまい
って気持ちも多少ある。
向こうから家に来るまで会いに行ってやるものか
って気持ちも多少ある。


でも会いたい。
本当に愛しちゃったのかも。。。
まぁ、それならそうでいいのだが。
それなら、どうやって真のフェーンにしていくかを、
真剣に考えないと。。。

一人でうだうだ悩んでいても、
結局、恋の話。結論なんてでるわきゃない。
ので、シャークに行くことに。。。



あれ?
いないじゃん。。。
ん〜こういうタイミングの悪さは、
きっと神様が「もうやめとけ」といってるのだろう。
が、今回の新井広大、意外と諦めが悪い。
ハイネケン1本で、おまけたちを振り払い、
そそくさと帰宅。
でガットに電話。
しばらくして眠そうな声のガット。
ガ「ン〜」
わ「ノーン レオロー」
 (もう寝たの?)
ガ「ンー」
わ「ワンニー マイパイ タムガーン ロー」
 (今日は仕事行かないの?)
ガ「ン〜」
わ「ペン アライ」
 (どうしたの?)
ガ「マイ サバーイ」
 (調子悪くて・・・)
。。。
。。。
。。。
なんだかどうでもよくなってきたので、
いっぱい寝ろよといって電話切った。



翌日、再びシャーク訪問。この日はいた。
が、なかなかこっちへこない。
仕方がないので、
おまけたちとしばし歓談。
30分ぐらいして、しぶしぶといった感じでガットとなりに着席。

なんだか怖い。
むすっとしてるし。
とりあえず、ご挨拶。
わ「ハーイ リヤン」
 (なおった?)
ガ「ヤン プアット フア ドゥアイ」
 (まだ、頭も痛いし・・・)
わ「。。。」
が「ヤーク ガッバーン ノーン」
 (帰って寝たい・・・)
しょうがないので、
ペイバー代と数百バーツのチップ。
そそくさと受け取りレジ行って、
2階へ着替えに。
でも、今日は自分の部屋に一人で帰る
みたいなこといっていた。
なので、今日はおまけたちとしばし飲んで帰ろう
と思っていたのだが、ガットなかなか帰らない。
そのうち、どうゆう流れからか
おまけたちと、いつものエカマイ30へ飯を食いに行くことに。
お金ないよっていったら、
おまけの一人がスポンサーをかってでた。
で、行こうとしたら、なぜかガットも一緒に行くことに。
おまけたちのいらんおせっかい?なのだろうか。
とにかくムーカタへ。
が、この段階で相当飲んでたので、
ムーカタの店で何食って何飲んで、
何しゃべったのかよく覚えていない。
恐ろしい。。。
けど、一人で帰ってきたのは確かなよう。
なにか決定的なことを自分の知らないところで
ガットに言ってなければいいのだが。。。


まぁ、でもそろそろ決着付けておいたほうが
いいのかもしれん。
また、しばらく(10日間近く行けない予定)
遊びには行かれないから。。。

私の求める愛がそこにあるのか?
それとも単に金を媒介とした擬似恋愛に終わるのか?
そこに愛があるのなら、また一興。
擬似恋愛ならそれにふさわしい幕引きを。。

でも次を探すのも面倒くさい。
おまけの中から面倒くさくないやつを見繕うか、
山の子との遠距離恋愛を貫くか。
はたまた素人ゲットを別路線で目指すか。
新井広大の分岐点に来たようだ。
posted by 新井広大 at 13:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。